ペット

2017年7月26日 (水曜日)

ノミ・ダニ対策

動物病院でノミ・ダニ駆除の薬フロントラインを買ってきました。
犬猫全員に施さないと意味がないということで小豆・チェリー・ユーリの3匹分を。
707261
え?ユーリの分も猫用フロントラインかって?
犬用も猫用も中身は同じでユーリの体のサイズならこれでOKらしいです。
ユーリとチェリーにはさっそく薬をつけました。


猛烈な暑さの中でくつろぐあずチェリ。
小豆はようやくコタツ布団の中を卒業しコタツ板の上にいます。
干す場所がないのでコタツ布団いまだ洗えず・・・。
707260
さてノミ・ダニ対策にはまず部屋の風通しをよくすることが大切だそうで・・・
うちはいつも猫用に1年中開けっ放しで自慢じゃなけどボロ家ですきま風も入る
でも今年は一番蒸し暑い7月に工事のため閉めきってるからなあsweat02

それと掃除機をかけることはとても大事なことだけれど
その掃除機で吸い取った中身をそのまま放置しておくとそこで繁殖してしまうので
吸い取ったらビニール袋等で密閉して捨てないといけません
(ここ、テストに出る大事なところですから皆さんメモしておきましょうね!)

確かに、掃除機で吸い取ったらそこで安心満足してしまうけど
ノミやダニの卵はそこで孵化してしまう(ギャ~~!!!)
明日、庭とベランダのフェンス取り付けが終わったらしっかり風を入れよう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火曜日)

6年ぶりの。

昨日お風呂に入っていたら湯船に小さな虫がいて
洗面器ですくってみたらそのフォルムに見覚えが。「これは・・・あれだよね?」
じーっと凝視していたらかすかに動いた、そして飛んだ。「ノミだっ!!」

ええとええと、こういうときは潰してはいけない(卵が飛ぶ)
でも今手元に何もないし(中性洗剤に浸すと確実)
マイルドなシャンプーリンス、重曹じゃたぶんダメ
よしっ、お風呂用洗剤なら少しは効果あるかもしれない
ってことでノミ入り洗面器にお風呂用洗剤投入。
しばらく観察して完全に動かなくなったところで排水口に流しました。

ふーやれやれ。いつの間に我が家にノミが侵入?
あずチェリはずっと外に出てないし窓も開けてないから・・・
持ち込んだのは私&ユーリですねcoldsweats01
3,4日前に虫に刺された箇所が何日経っても痒くて赤くふくれてるので
これは絶対に蚊じゃないと思ってたけどまさかノミだったとはsweat02

ノミを見たのは何年ぶりだろう・・・そうだ、あのとき以来だ
あずにゃんがうちに来たちょうど6年前の7月。
けっこう大量だった。あずにゃん覚えてるかな?
707250
小豆「何の話をしてるの?私は生粋の箱入り娘っていつもママが言ってるけど?」

そうそう、あずにゃんは段ボールに入ってうちに届けられたのよ。
こんな可愛い宝物がタダで落ちてるなんて世の中捨てたもんじゃないと思ったわ。
あの頃は確かあずにゃんの背中には羽が生えてたっけ・・・(話、盛り過ぎ!!)

冗談はさておきノミを何とかしなくちゃ。動物病院に薬もらいに行かねば。
そして大事なのは部屋の掃除。掃除機かけなきゃ・・・・
このクソ蒸し暑いのにやってられるか~~~!!!!sweat01
ああ早く戸を開けて外の風を入れたい・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月曜日)

シン・ニャジーラ(3)

この物語は「シン・ニャジーラ(1)」「シン・ニャジーラ(2)」の続きです。

キャットフードの中に入っていた赤や青の粒は
成長ホルモンの研究をしていたメルモ製薬の研究員の試作品が
誤ってキャットフードの試供品に混入されてしまったことがわかり
即刻全品回収となった。そしてカー子とパー子の姉妹は・・・
ニャジーラが護送されしばらくは泣き暮らしていたが今はすっかり元気になった。

カー子「ねえおねいちゃん。あの星のむこうにニャジーラがいるんだよね?」
パー子「そうだね・・・」
カー子「いつかまた、きっと会えるよね。」
パー子「うん、いつかまた会えるよ・・・。」

意外なことにニャジーラの里親希望者はすぐ現れた。
名乗りをあげたのは地球との親交の深いウルトラマンである。

「私達の星の建物はとても丈夫にできているので少々の事ではビクともしません。
それにこんな愛らしいモフモフした動物は見たことがありません。
ぜひぜひこのニャジーラを私達の家族として迎え入れたいのです。」
707241
ニャジーラの必殺ゴロゴロ攻撃に骨抜きにされるウルトラマン。

地球のピンチ時にはすぐ駆けつけるという有難い申し出もありすぐに話はまとまり
ニャジーラはウルトラの星に里子に出されることになった。
707240
ウルトラ星に旅立つニャジーラ。

1ヶ月のトライアル期間も無事に過ぎてニャジーラは正式に譲渡され
ニャジーラはウルトラニャンになった。

続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日曜日)

日曜の昼

歯が痛くて柔らかいものしか食べられないというモレションパパの昼食に
フレンチトーストを作りました。
私は作っただけで食べてないので味はわかりません。
中にハムととろけるチーズが入っているのでおやつなんだか食事なんだか
どうなんだかよくわからないしろものですがこれを見たモレションパパは
迷うことなく大量のマーガリンとハチミツを投入\(◎o◎)/!
ああ見ただけで胸焼けがする・・・・。
707234
柔らかいご飯で作ったミニサイズのおにぎりとか
ユーリの夕食の残りの茹でササミを入れたトリ雑炊とか
そろそろネタが尽きてきたのでこの先どうしたものか・・・(-_-;)

お昼過ぎの暑い時間に2階に行ったら妙なものが↓
707235

これはあずにゃんの足・・・
707236

ちょっとー。暑いんなら無理してコタツに入ってなくていいのよ!!
707237
小豆「いえいえ、なんのこれしき。」

ずっとこのまま上半身だけコタツに入ってました。
一瞬行き倒れ(?)かと思ってあせったわ。
さすがにコタツ布団だけ洗って片付けようかなあ。
でも大量の猫毛がこびりついてるのでこのまま洗濯機に入れると大変なことにshock

ああもう足場の解体とかガレージの屋根の波板設置とかそんなのどうでもいから
猫脱走防止フェンスの組み立てを最優先してよー。
でなきゃ猫達がいつまでも出られず外の空気吸えなくて風も入れられなくて
私もうっかり戸を開けないようにと気を使ってストレスがたまる!
最短で27日の木曜になるらしく待ち遠しい、じゃなくて待ちきれない~!!(≧ヘ≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土曜日)

パピの尻尾

白く波打つ球形のこの物体は・・・
707223

転がっていかないようにいつもテーブルの脚そばで毛づくろいするユーリさん
707222

ぷぷっ。また分け目がおかしなことになってる(*≧m≦*)
707220
白いふさふさの尻尾の毛がチャームポイントのパピヨンですが
ややこしいことにこのシッポがロングリード(引き紐)によく巻きついてひっかかり
いつも気をつけているのですが今日とうとうやっちゃいました。
リードがお尻の穴近くにからまった時にウンチをポロリ。
「うああ~~!!」(つい大きな声が出た)
ゆるいウンチがベチャッとリードにくっつきましたshock
ティッシュなんか持ち歩いてないし
拭い取ることもできずウンのついたまま散歩を続行。
しかもウンチがユーリの体に触れないようリードを思い切り高く持ち上げ
腕をずっと上げたまま30分歩き続けたので腕が疲れました(-_-;)

ウン付きのリードは手洗いののち洗濯機で脱水して干しました。
尻尾の毛は少し短く切ってもらったけどまだまだ足りなかったなあ。
もっと不細工にパッツンに切ってもらうべきだったかも知れない(≧∇≦)
いやそれよりもティッシュぐらい持ち歩けってことでしょうか?

壁塗り工事も終わりあとは週明けの足場解体とフェンス組立てを待つのみです。
それですっかり気がゆるんだ私は心ゆくまで朝寝坊をし目覚めたら10時前(@_@;)
あわててユーリを散歩に連れ出したら火傷しそうな地面になっていた・・・
ゴメンね明日はもう少しまともな時間に起きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

あらぶる犬と猫

屋根壁修理工事完了まであと10日。
ずっと家の中で大人しくしていた猫達もそろそろ限界が来たようで
昨日はいつもは大人しいあずにゃんが深夜に大暴走。
ドドドドドーッと走り回る音がして何事かと見に行ったら
2階の寝室に敷き詰めたカーペットが大胆にめくれあがってボロボロの畳が登場
ここで爪とぎを始めたらしい・・・。
まあ無理もないか。大好きなベランダに出られず外の景色も全く見えない
一応事情は説明したけどわかるはずないしcoldsweats01
ちゃんとトイレができてるだけで充分お利口さんです♪

さて今日もお腹ゆるめのユーリさん。
繊維質のものを食べさせようと夕食の鶏肉の上にゆでたカボチャを乗せたら
カボチャを一口食べて「ペッ!」
私「えっ!?」そのままお皿を無視して何も食べようとせず
「何で?カボチャ好きでしょ?」
ほっといて自分用に作ったカボチャの煮物を食べたら・・・「あ、こりゃ不味いわsweat02
スジばっかりでホクホク感ゼロ。ちなみに北海道産の冷凍カボチャです。

仕方ないからお皿をさげてゆでた鶏肉(胸肉)をあげたら
ユーリ「・・・・・・」クンクン匂いを嗅いでその場を離れる。
私「おいっ!!!」しばらく放っておいたら渋々食べ始めました。

ユーリ「もっとええもん食わせろ~~!!!」
707180

ユーリ「勝手なキャプションをつけるのはやめて下さい。言ってませんから。」
707181
はいはい、すんませんねえ。
でも柔らかいササミのときは即座にパクついてたよね?
パサパサした胸肉は要りませんか~?
えろうなったもんやでホンマに。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月曜日)

「シン・ニャジーラ」(2)

この物語は先日の「シン・ニャジーラ」(1)の続きです。

庭先に落ちたキャットフードを食べたニャジーラはみるみるうちに体が小さくなり
さらに食べ続けると再び大きくなったり小さくなったりを繰り返した。
パー子&カー子「えーーーーっ!?」
カー子「おねいちゃん、これって・・・・。」
パー子「信じられないけど・・・このフード食べたからだよね?」

フードの中の赤や青の粒は体を大きくしたり小さくさせる力があるようだった。
ニャジーラが普通の猫のサイズになって姉妹の家の中に入ろうとしたとき
おびえて逃げていたミニラがそっと顔を出した。
707140
カー子「あ、ミーたん!!ミーたんを産んでくれたママだよ、覚えてる?」

ミニラ「・・・・ママ・・・?」
707170
↑部屋の中の様子を伺うニャジーラ。

2匹はすぐに打ち解けて仲良く一緒に遊び始めた。
707171
カー子「ぎゃははは!!!見て見て、ミニラのほうが大きくなってるよ!」
パー子「早く早く!写真撮らなきゃ!!」

優しく娘の毛づくろいをする母親ニャジーラ。
707172_2
パー子「ニャジーラはきっと自分の子供に会いに来たんだね。」
カー子「そうだね・・・。」

そのとき外でけたたましくサイレンの音がした。
カー子「大変!誰かが通報したみたい。ニャジーラ捕まっちゃうよ!」
パー子「大丈夫だって!こんな小さくなったニャジーラ押入れにでも隠しておけばバレっこないって・・・・うわ!また大きくなってるー!!!」
またフードを食べたニャジーラは再び大きくなりすでに家からはみ出していた。

カー子「どうしようおねいちゃん!」
パー子「落ち着いてカー子、また食べさせれば小さくなるって。」
カー子「で・・・どっち?」
パー子「え・・・?」
カー子「青と赤のどっちの粒を食べさせれば小さくなるの?」
パー子「・・・・・・。」

玄関のチャイムが鳴った。もう迷っている時間はない。
パー子「ええと・・・・ええと・・・どっちかわからーーん!!!」
パー子はキャットフードの袋を開け青い粒を取り出してニャジーラに見せた。
「一か八かの勝負よ、さあニャジーラ、これを全部食べて小さくなって!!」
ニャジーラは目の前に置かれた青い粒をいっきに食べ、元の巨大サイズに戻った。
パー子「うあああああ!!!間違えた、赤いほうだったんだーー!!!」

大きくなったニャジーラはすぐに見つかり捕獲された。
707173
↑マタタビ入りの巨大段ボールに飛び込みあえなくご用となったニャジーラ。

↓即座に麻酔銃を撃たれ大人しくなったニャジーラ。
707174
ニャジーラはそのまま護送されることになった。
姉のパー子は涙ぐんでいる。
パー子「ゴメンねゴメンね、私がどんくさいばっかりに・・・。」

カー子「あの、ミニラママ、じゃなかったニャジーラはこの後どうなるんでしょうか。」
係員「こんな大きな猫を飼える人はいないでしょうから恐らく・・殺処分ですね。」
パー子「そ、そんな・・・」
カー子「せっかくミニラに会えたのに・・・。」
パー子「ニャジーラ!ゴメンね、ミニラは必ず大切に育てるからね!」
カー子「ニャジーラ、さようなら、来てくれて有難うーー!!」

2人は運ばれていくニャジーラを呆然と見送った。

それから2ヶ月が経った。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土曜日)

謎のポーズ

最近ユーリがよくやるポーズ。前脚は伏せてお尻は持ち上げ・・・何これ?
707150
部屋の中だけでなく散歩途中に道の真ん中でもこの体勢のまま止まったりします。
初めはどこか具合でも悪いのかとじーっと顔色を伺っていたけど・・・


別に苦しそうでもなくこのまま大あくびしたり毛づくろいしたり
ただボーーッとしてるだけでした。ユーリが編み出したストレッチ法なのだろうか。。
707151
夏になってからお腹を壊しがちなのでご飯の量を減らし焼き芋を混ぜています。
今のところかろうじてセーフのうんぴの状態。頼むよ~!

ああ眠い。寝不足です。
職人・窪田正孝(ちゃうちゃう!)の朝は早い・・・どんどん早くなる。
こう暑いと少しでも涼しい時間帯にやってしまおうという気持ちはわかる。
ユーリを連れて散歩に出ようとしたらもう車が来ている(早っ!!)
そして車から降りていきなり上半身脱いで着替えを始めるので目のやり場に困る
と言いつつしっかり見てます(笑)
さすが職人・窪田正孝は細マッチョでした。炎天下の激務だしね。
明日は作業は休みであさっては「子供が決勝に出たら休み」だそうです。
サッカーか何かかな?いいパパなのねえheart04
そんな話を聞きながらどんどん口元がゆるんできてしまう私であった(*´v゚*)ゞ
明日は早起きしなくてすむなあ。嬉しい!!
あさってはどうなるかわからないけど、どっちでも嬉しいわ~~\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水曜日)

「シン・ニャジーラ」(1)

皆様お待たせしました。妄想劇場「シン・ニャジーラ」始まります。
この物語は完全フィクションですが、モデルはいます(^_^;)

20XX年。大阪の街に突如現れた謎の巨大猫型生物(通称ニャジーラ)は
電柱で爪を研ぎ電線をぶっちぎりビルに飛び移って建物を破壊し
乗用車を転がして遊び公園や畑に大型うんち爆弾を落とし
大阪府民を恐怖に陥れた。
府は国に協力を要請し大規模なニャジーラ捕獲作戦が行われるはずだったが
ニャジーラは突然姿を消した。
山奥でそれらしい影を見たという目撃情報はあったものの発見には至らず
それから半年が過ぎた。
707111
ビルの屋上から外を眺めるニャジーラ。


H大阪市の住宅街の一軒家に姉のパー子と妹のカー子が仲良く暮らしていた。

カー子「おねいちゃん!大変大変、ミニラが棚から落ちた!!」
パー子「えっ。また!?で、大丈夫!?」
カー子「うん。脳しんとう起こしてしばらくボーッとしてたけど今は大丈夫。」
パー子「たくもう。どうして猫なのにこんなにどんくさいんだろう・・・」
カー子「それは・・・やっぱりニャジーラの血を引いてるから・・・」
パー子「しっ!!声がでかい。私たちが山奥でニャジーラを見かけてその子供を
ミニラと名づけてこっそり育ててることは2人だけの秘密よ。
バレたら私達ブタ箱入りなんだからね!」
カー子「おねいちゃんこそ、誰に向けてそんな詳しい説明を。ブヒッ。」
707110
姉妹は半年前、生駒山にキノコ採りに行きそこでミニラを見つけた。
キノコ採りを終え山を降りかけた姉妹は民家の玄関前にあった山盛りの野菜を
「こんなところに落ちてる」「腐ったらもったいない」と背中のカゴに入れかけた時
ドスンという大きな音とともに寝返りを打ちかけたニャジーラの傍らに
生後間もない子猫が押しつぶされそうになっているのを見てあわてて野菜を捨て
子猫をカゴに入れ連れ帰った。姉妹がブタ箱に入らずにすんでいるのは
ニャジーラとその子猫ミニラのお陰である。

パー子「それより今日スーパーでキャットフードの新製品のサンプル配ってたから
ぜーんぶもらって来ちゃった。さっそく食べさせよう!」
カー子「うわっ。こんなにいっぱい。でもこれ・・・メルモフードなんて聞いたことないし
赤やら青やら毒々しい原色の粒が入ってるし大丈夫かなあ・・」
707114
パー子「大丈夫大丈夫!あの有名なメルモ製薬が作ってるんだし、それにほら、
ミーたんがすっごく喜んで食べてる。よしよし安上がりないい子だね~♪」


カー子「あれっ!?なんか、ミニラ少し大きくなってない?」
パー子「え?いつもと変わらないけど?」
カー子「あれ?気のせいだったかな?」
パー子「心配しなくても大丈夫だって!ミニラは生後半年でこの大きさだから
この後もこれ以上大きくなったりしないって。」
カー子「え?そうなの?」
パー子「うん。知らんけど。」
707112
そのときグラッと家が大きく揺れた。「地震?」「工事?」
様子を見に庭に出た妹のカー子が腰を抜かしそうになりながら
「お、おねいちゃん、大変!ニャジーラがこっちに向かってる!!」
「うっそぉ!!!」気が動転した姉のパー子は足元にあったフード入れを蹴飛ばし
中身のフードがコロコロと庭に転がりそれをちょうど庭先に来たニャジーラが
パクッと食べた。

パー子&カー子「おっ!!???」

続く。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月曜日)

犬猫の夏

ついに我が家に本格的な夏がやって参りました。
707100
↑夏を連れて来てくれたのはこのお方。

毎年盛夏になるとお腹を壊して動物病院のお世話になるユーリですが
ついに今年も来てしまいました。
舗装された道路にゆるゆるウンチを落とされるともう回収不可能です。
しかもよその家の前にたくさん産み落とすのはやめてっsweat01
今日はたまたま自宅の和室の中だからよかったものの
(いや、よくないよくない!!)
それを片付けている最中にピンポーンとチャイムが鳴り「ワ、ワーン!!!」
ああーーーっ!!走っちゃダメ踏んじゃダメーッ!!!

先日の車で迷子迷走の記憶がまだ新しいので運転が怖いんだけど
そうも言ってられないしなあ・・・
今日は夕ご飯を少し減らしてみました。繊維質のものを食べさせてあげよう。
あさって水曜日に外壁塗装前の洗浄が行われるとかで
高圧洗浄といえば確か大きな音がするはず。
ユーリさん、ショックで下痢Pがよけい酷くなったりしないといいんだけど。
でも大雨や雷は平気な子だし(この辺がちょっと不思議)大丈夫だと思いたい・・・

さて小豆とチェリーの猫コンビは元気にモリモリとウンチをし
今回が2匹のオシッコウンチ状態をちゃんと見られるチャンスかなと思っています。
今まで庭で適当にやってるからと放置してたからなあ。
異常なしのままでいってほしいです。
2匹がいる寝室が34度とあまりに暑いのでエアコンをつけてあげたら
小豆はコタツの中にチェリーはベッドの下に逃げました。
うーん。健康のために冷房した方がいいのかしない方がいいのか
相変わらずわからん悩ましい子達です。せめて30度までには下げたい・・・coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧