« 石油ストーブ登場 | トップページ | ちょっと早いけど »

2019年11月16日 (土曜日)

「恋する輪廻オーム・シャンティ・オーム」

恋する輪廻(りんね)オーム・シャンティ・オーム」(2007年インド)観ました。

911160

長い。長いよ170分・・・。

主役はインドの超人気有名俳優のシャー・ルク・カーン。

911161

なんか、見てるとどうしてもキムタクとかぶるんですけど(^_^;)

美しすぎるヒロイン、ディーピカ・バードゥコーン。

911162

ただもう綺麗可愛い素敵、しか言葉が出てきません❤

この美しいヒロイン(有名女優)に恋をした主人公(売れない脇役俳優)が、彼女をだまして殺した男に復讐するために生まれ変わるというお話。

911163

事故で死ぬのですが母親との約束通り30年後に(生まれ変わって)戻ってきます(*^_^*)ああよかった。ドラマとはいえ息子が死んで母親だけが残るって悲しい話はイヤ(>_<)

 

宝塚歌劇で何度も舞台化されたというのもうなずける、とにかく多人数で歌って踊って劇中劇ありのドラマチックなお話。

911164

彼のファンにはたまらないサービスショット盛りだくさんの内容なのでしょうが、そうでない身には「いいから早く話進めろや」って感じで、でも終盤は面白かったです。

 

ちなみにこのセリフ大好きです↓

911165

そうだよ!ハッピーでないのに終わらせちゃダメだよ、救いのない状態で終わらせて観客を不幸に(?)させるなよ。インド映画といえば輪廻転生と復讐というテーマが非常に多く今回もそうでした。スッキリ楽しく終わってよかったわ。。。

|

« 石油ストーブ登場 | トップページ | ちょっと早いけど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石油ストーブ登場 | トップページ | ちょっと早いけど »