« 今日の食事 | トップページ | 信号横断 »

2019年10月18日 (金曜日)

妄想ストーリー

何ひとつネタがないので今書きかけの妄想ストーリーを紹介。

20XX年。年金受給を目前にしたモレション婆(ばあ)は3年前に爺を見送り犬と猫と一緒に気ままに暮らしていた。そんなモレション婆に衝撃的なニュースが飛び込んでくる。政府は年金財源不足と老人介護施設と人手不足をいっぺんに補うため「60歳以上の1人暮らし禁止令」を出したのである。「60歳を過ぎて健康でありながら独身の1人暮らしをしている者には年金額を減らす」という。

モレション婆「冗談じゃない!せっかく毎日の食事のメニューも考えずだらだら好き勝手に暮らせるようになったのに何で今さら。どうせ自分のことは何もできない爺さんの世話を婆さんにさせようって魂胆でしょ。人権侵害もはなはだしいわ。」もちろん結婚は強制ではないがモレション婆は健康で家あり車と免許あり家事経験あり、子供孫なし身寄り無し財産無しと「再婚に支障がなく爺さんの面倒をみるのに最高に都合の良い条件」が揃っていたので「結婚の第一推進対象者」として認定されたのである。

「今さら再婚なんかしたくないけど年金が減らされるのは困るし犬猫の病院通いも必要になるし・・・」やむなくシニア婚活を始めたモレション婆だがああだこうだと難癖をつけては見合いをぶち壊しなかなか結婚が決まらない。年金受給まであとわずか。どうするモレション婆、果たして再婚相手は見つかるのか・・・?

タイトルは「なかなか再婚できない女」(←どう考えてもパクリ)

910180

ユーリ「パパとうとう殺されちゃったよ。女って怖い。」

もちろんこのお話はフィクションです。登場人物のモデルはいます。

|

« 今日の食事 | トップページ | 信号横断 »

妄想劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の食事 | トップページ | 信号横断 »