« トイレレポート | トップページ | 忘れてた。 »

2019年10月11日 (金曜日)

「マイ・インターン」

映画「マイ・インターン」(2015年米)観ました。

910110

とても後味のいい映画でした。

妻を3年前に亡くし仕事も定年でリタイアした70歳の老紳士ベン(ロバート・デ・ニーロ)はシニア募集のチラシを見てこれまでとは畑違いのファッションサイトの会社に就職。いつも仕立てのいいスーツを着て身なりを整え仕事も対人関係も常に誠実な紳士です。

910111

有能な彼はどんどん頭角を現し社長のジュールズと仕事でもプライベートでも交流を深めていきます。

 

若くして仕事を起こし社長になったジュールズ(アン・ハサウェイ)。専業主夫の夫と娘がいます。仕事は順調なものの公私共に悩みを抱えています。

910112

穏やかで誠実で包み込むような優しさを持つベンがとてもよかったです。いつも人の話をきちんと聞いて共に悩んだり動揺したり励ましたり涙したり、いい人だ・・・自分の話ばかりする年寄りでないところがいい。「ハンカチなんか持ち歩く意味がわからない」と言う同僚男性に「ハンカチは貸すために持ち歩く、涙を流す女性のために。」と答えるってどんだけ紳士なの、カッコよすぎるわ。まあこんなセリフが似合う紳士、日本にはいないでしょう(^_^;)渋くてお洒落で可愛くて男にも女にもモテモテでした。まあそりゃそうでしょう。

一番びっくりしたのがヒロインの「1人でお墓に入るのが怖い」発言で「はあああ???」となりました。そんなこと考えるの?自分が死んだ後のことなんかどうでもええやん。私ならハイエナに食われてもゴミ収集車の中に放り込まれても平気だけど?(←私が特殊過ぎるの?)墓も要らんわ。それともあちらの宗教的な考えなのかしらん。そこだけが不思議でした。。

|

« トイレレポート | トップページ | 忘れてた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレレポート | トップページ | 忘れてた。 »