« 扇風機 | トップページ | 「コクーン」 »

2019年8月15日 (木曜日)

「ルドラマデーヴィ宿命の女王」

インド映画「ルドラマデーヴィ宿命の女王」観ました。実はもう何度も観ているのですがここに書いたことはありませんでした。

908150

とっても長い映画でお話は荒唐無稽「そんな馬鹿な」「CG荒っぽ過ぎる」「ところどころ紙芝居みたいなイラスト(それも静止画像)が入って製作費節約?」てな感じでとてもチープなのですが非常に面白い。

だってこの人が出てるから。(←これに尽きます。)

908158

超カッコいいラーナー・ダッグバーティさん❤

物語は簡単。ある王国の王室に女の子が生まれます。しかし跡継ぎがいなかったことから姫を男の子として育てます。手塚治虫の「リボンの騎士」と同じです。

908151

姫は強く美しい娘に成長します。

女性の姿で外を歩いているとき幼なじみの彼とばったり出会い、彼はその正体を知らず一目で恋に落ちます。

908152

このセリフが素敵すぎる↓

908153

彼はやがて彼女の正体を知るのですが「私は民のために生きる」と拒絶され・・

908154

↑いちいちセリフがカッコいい(笑)

即位の日に「自分は実は女である」とカミングアウトした女王ルドラマデーヴィは「女など王になれない」と国民にののしられ国を追われます。

908155

身ひとつで国を追われたはずが何故かきれいなドレスを着て優雅に座っている姫。もちろん彼が「力を貸そう」とやって来ます。

王女がいなくなってから国は危機に陥り国民は「ルドラマデーヴィに戻ってきてもらおう!!」と手のひらを返します(←インド映画のお約束「手のひら返し」)そして颯爽と現れた彼女。

908156

ちょっと待て、このコスチュームはないんじゃない?セクハラちゃう!?

ともあれ戦いに勝利したルドラマデーヴィは女王に即位したのでした。めでたしめでたし。

908157

いや待て待て待て、あの彼氏とはどうなったん!?(もう出てこない・・・)

908159

あのイチャイチャシーンは何だったの?ファンサービス?私は彼の出ているシーンばかり繰り返し観ていましたが実は彼の登場シーンはとても少なく、恐らく売れっ子の彼は他の仕事が忙しく今回特別ゲスト出演としてちょっとだけ出たのであろうと勝手に推察。ま、目の保養ができてとても楽しかったです(^◇^)

 

 

|

« 扇風機 | トップページ | 「コクーン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 扇風機 | トップページ | 「コクーン」 »