« 耳垢掃除 | トップページ | 爪とぎハウス »

2019年4月 6日 (土曜日)

「ヴィクトリア女王最期の秘密」

映画「ヴィクトリア女王最期の秘密」観てきました。タイトルには「秘密」とありますが特に秘密はありません(笑)。晩年ヴィクトリア女王がインド人従者の若者アブドゥルに惹かれ常にそばに置き友情を深めていくという「ほぼ実話」です。

904060

身分も年齢も超えた強い絆で結ばれて行く二人・・・とパンフレットにはありますが、いやいやいや、従者のアブドゥルが結婚していると知ったときの彼女の動揺を考えると友情だけじゃないよね(^_^;)なんと女王は彼の妻をインドから呼び寄せ(船旅で2ヶ月かかる!!)「顔が見たい」と言う。うん、その気持ちわかります。女心だねえ。しかも「何故子供がいないんだ」と二人を医者に診察させるという余計なお世話を(これも若干気持ちがわかる)・・・

904061

そのインド人を演じたのはこの人。うん、わかるよ、これは一目で恋に落ちる!長身でイケメンというのももちろんあるけどどこか可愛らしい表情とふわっとしたたたずまいがもの凄く私好みです💕

序盤で思ったのですが女性の体にさりげなくタッチする仕草が非常に女性慣れしていて、うぶな独身男のはずないやん!!これはなかなかの曲者ですぞ。まあこれは史実と言うより俳優の彼自身の特徴かも知れません。

904062

不思議なことにこの映画、アブドゥルの心情が全然描かれていません。終始穏やかな表情で感情をあらわにすることなく果たして女王の人柄に惹かれていったのか内心「こりゃあ出世できるぜ」と思ったのか謎のまま終わります。おべっかばかり使う取り巻きにうんざりしていた女王でしたがアブドゥルもまた出世のためにうまく取り入っただけかも知れない。まあそれでもいいか。イケメンだしいいのだ(笑)

|

« 耳垢掃除 | トップページ | 爪とぎハウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耳垢掃除 | トップページ | 爪とぎハウス »