« 4段チェスト | トップページ | 適当。 »

2019年3月16日 (土曜日)

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

塚口サンサン劇場でインド映画「バジュランギおじさんと小さな迷子」観てきました。
この映画館の地下には待合室(控え室?)のようなものがあるのですが
今日はその中の光景にビックリ!!何この不思議なコスプレ集団・・・・
あ、そうか今日は「ボヘミアン・ラプソディー」の応援上映の日だった。
チケットはすでに完売で気合の入った人達の熱気にたじろぐ私・・・
相変わらずすごい人気です。(上映終了日未定)

さて「バジュランギおじさんと、小さな迷子」はとてもシンプルなストーリーで
タイトルの通り迷子になった女の子をおじさんが送っていくお話。
問題はそれがインドからパキスタンへの道のりであること。
長年敵対関係にあるインドとパキスタンの国境を越えるのは大変。
903160
陳腐な表現しかできませんが6歳のこの女の子が天使のような可愛らしさ。
もうこんなあざとい設定にされたら最後泣くしかないでしょう(T_T)(T_T)(T_T)


主役のサルマン・カーンはとても有名なインドの俳優らしい・・・
演技も素晴らしくて泣かされたけどただひとつ・・・
ここまでガッチリむっちり筋肉ムキムキである必要ないんじゃない?
顔だけ見るとそうでもないけど最初スクリーンに映った全身を見て驚いた。
町の普通の善良なおじさんがこんなガチムチのボディービルダーでなくていい
903161
若い頃はほっそりしていたそうでできればその頃にお会いしたかった(笑)


インド映画の後といえばやっぱりカレー。
903162
巨大なナンに驚いたもののあっさり完食してしまう自分に驚く。
私、映画館通いをするようになって明らかに体重が増えました・・・・

|

« 4段チェスト | トップページ | 適当。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バジュランギおじさんと、小さな迷子」:

« 4段チェスト | トップページ | 適当。 »