« 仲良し? | トップページ | スタンバイ »

2018年6月13日 (水曜日)

映画「紙の月」

録画していた映画「紙の月」を昨日深夜に観ました。
銀行に勤める主婦(宮沢りえ)は顧客の孫の青年と知り合い
彼にお金を与え贅沢な暮らしを与えやがて不正がばれて追い込まれるが
そのまま逃亡。そして・・・。というストーリー。

観終わった感想は・・・・ええええええ。何これ????
この作品に感動した方、すみません、私には全然わかりませんでした。

たとえばこれが「若い男にのぼせて乞われるままに金を貢ぎ横領に手を染めた
愚かな主婦」とかいうのならわかる。でもこのヒロイン(宮沢りえ)はそうじゃない。
彼女が欲しいのは「与える」「寄付する」ことで相手が喜んでくれるという快感
(私には全く理解出来ない・・・)
そのお金の出所は親の金だろうが夫の金だろうが銀行の金だろうが頓着なし
(これがもっとわからん)
彼女の夫はいろいろズレてるとこはあるがそう悪い人間ではない
(だって田辺誠一だし紫のバラの人だし)
貢いだ相手の学生も「断ったのに」強引に札束を握らされ
楽しいながらも不安が消えない日々で若い女の子とできてしまう気持ちはわかる

ヒロインの不正にいち早く気づきぐいぐい迫ってゆく
決して道を踏み外さない愚直なまでの真面目なベテラン銀行員役の小林聡美
彼女をたたえる映画を作ってくれ~~!!!!

話はコロッと変わりまして・・・
806130
ついにやりましたモレションパパ、夕方台所のゴミ箱にこんな袋が。
ちょうど1ヶ月前に消費期限が切れたバターロールを食べたのね~~!!!
青かびがはえたらその時点で捨てようと思っていましたが
強力な防腐剤のせいか開封済み常温放置にもかかわらずその姿に変化なく
知ってか知らずかこれを口にしちゃうって、事実は映画よりも奇なりですね。
おったまげたわ~~coldsweats02

|

« 仲良し? | トップページ | スタンバイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/66826967

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紙の月」:

« 仲良し? | トップページ | スタンバイ »