« 本物? | トップページ | 凝り解消 »

2018年4月12日 (木曜日)

「ノルウエーの森の猫」

本屋に行く時間がなかったので家にある本をもう一度読むことにしました。
ああ懐かしい。1998年に出た本です。タミーが生まれた年heart01
804120
「ノルウエーの森の猫~猫と暮らすアメリカ~」(小手鞠るい)
もうこの表紙を見ただけで購入決定でした。
私の昔からの憧れの猫ノルウエージャンフォレストキャット!!
作者の「小手鞠るい」(こでまりるい)という名前も可愛過ぎる♪


この子が作者の猫のプリンちゃん。保護施設出身です。可愛い(≧∇≦)
804121
死ぬまでに一度は必ず飼いたいと思っていた種類の猫ですが・・・
セミロングヘアの猫と長年暮らしてそのお手入れに疲れました・・・もうええわ。
それにNHKの「岩合光昭の世界ネコ歩き」ノルウエー編を見て
ああやっぱり日本のそれも蒸し暑い関西に住まわせる猫じゃないと思った・・・

さてこの本を読んで一番印象的だったのは
プリンちゃんが膀胱炎になり医師から療法食を食べさせるように言われたのに
どうしても食べようとせず「腹が減ったら食べるさ」と楽観的に構えていたのに
頑なに食べずどんどん痩せていき目だけがギラギラと輝いていく・・・
私も同じ経験があるのでどうなるのかハラハラドキドキしました。

そして遂に飼い主は根負けしプリンちゃんは療法食を食べることなく本人希望の
「ゆでた鶏の胸肉」を主食にさせることに成功したのでした。
「えっ。そんなんでいいの!?療法食食べないと死んじゃうんじゃないの!?」
読んでいてすごく驚いたのですがプリンちゃんはその後も元気で過ごしたようで
当時私は本当に目からウロコが落ちました。

月日は巡り・・・チェリーがオシッコが出なくなって病院に行き
「療法食だけを食べさせて下さい」と言われたけどチェリーは頑として食べず
私は病院で出されたフードを食べさせるのを諦めました。
が!ペットショップで違うメーカーの療法食を買ったら普通に食べた\(^o^)/
ええ、これも食べなかったら鶏肉をゆでようと思っていましたcoldsweats01
ちなみに「再発率が高いので一生療法食を」と言われております。
しかし密かに療法食以外のフードをあげています。この先どうなるんでしょうか。。

|

« 本物? | トップページ | 凝り解消 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/66604101

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノルウエーの森の猫」:

« 本物? | トップページ | 凝り解消 »