« スクールマフラー | トップページ | 本屋と便意 »

2018年1月20日 (土曜日)

「健康という病」

前から気になっていた本をようやく買いました。
私はいつも新聞の下段の広告を見て気になった本を見に行くのですが
書店でそれを探すのはなかなか難しく今日も「どこどこ?」と悩んだわ・・・。
801200
中身について触れる前に・・・
表紙の大きな帯についている文章の「ヘルスリテラシーのすすめ」
という部分がひっかかる・・・ヘルスリテラシーって何だよannoy
ヘルスが健康なのはわかるとして「リテラシー」を誰でも知ってると思ってるのか?
こういうカタカナ用語を当たり前みたいな顔して(?)出すのはやめて欲しい・・・
ちなみに「リテラシー」は情報活用力、ぐらいの意味らしいです。
今はネットですぐ調べられるので有難いです。

さて「健康という病(やまい)」の中身ですが
巷に氾濫しまくる健康常識(日に日に変わっていく)に対する
著者の五木寛之(85歳)の考えが書かれているのですが・・・
私と全く考えが同じだったわ・・・85歳と一緒ってどうよcoldsweats01
オッサンだったら「わが意を得たり」なんて表現するところでしょう
私はしないけど(笑)

読んでいて全面的に「さんせーい!!」だったけど唯一私と違ったのは
腰痛に対する見解。
「腰痛は二足歩行を始めた人類の宿命」とよく言われるけれど
人類が直立歩行してから350万年も経っているのに
未だ適応できていないって説は私は納得できない・・・
そんなに二足歩行が人類にとって負担のかかる不自然は動きであるなら
人類とっくに四足歩行に戻ってていいんじゃない?
心が疲れたときだけ腰が痛くなる私はそう思う。

それにしても760円(プラス税)の本をこんなに短時間でいっきに読み終えてしまい
「も、もったいない・・・」と思わずにいられない貧乏性な私です(≧∇≦)

|

« スクールマフラー | トップページ | 本屋と便意 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/66303774

この記事へのトラックバック一覧です: 「健康という病」:

« スクールマフラー | トップページ | 本屋と便意 »