« コーヒータイム | トップページ | 妄想と入眠 »

2017年12月30日 (土曜日)

妄想劇場「低体温の女」(5)

このお話は妄想劇場「低体温の女」()()((4)の続きです。


マリコ「うそっ。この家、猫がいたの?それも2匹。聞いてない!資料のどこにもそんなの書いてなかった。ここの夫は奥さんだけじゃなく猫のこともすっかり忘れてたの!?」

ようやくベランダに出られた猫達は床にゴロンゴロンしたり高い場所に飛び乗ったりトイレを使ったりと自由にくつろぎ始めた。
712300

「そっか。このベランダ、初めて見たときから何か変だなと思ったけどこのロングカウンターは猫の見晴らし台かあ。テーブルに丸太、床に敷かれたマット、猫のトイレ。フェンスは猫の脱走を防ぐためのもの。ここはすべて猫仕様だったんだ。2階の廊下にあったのは犬用じゃなくて猫用の食器。ワンちゃんは階段を上がれないから猫達は主に2階で生活していた。世話をしていたのは恐らく亡くなった奥さん一人で夫はノータッチ。」
712301
「なるほど。これで全部がつながったわ。夜中の3時過ぎにベランダが開いたのは猫達が外に出たがったか逆に入りたがったかあるいは外にいるのか確かめようとして奥さんが出たから。夫はすでに眠っていて全く気づかなかった。そこまではいいとして・・・今回の事件の肝は夫が妻の死に気づいていながら故意に放置したか本当に妻のことをすっかり忘れていたボンヤリさんなのかを見極めることだけど・・・さすがに夫婦のことは独身の私にはわからないわ。経験者に聞いてみよう。」

マリコは実家の母に電話をした。
「もしもし、お母さん?今これこれこういう事件を捜査してるんだけど教えて欲しいことがあるの。もしもお母さんが体調悪くて上の部屋で寝ていて、でもご飯はちゃんとテーブルに用意してあったらお父さんはお母さんが寝てることに気づくのが夜中になったりする、なんてことある?」
マリコの母「あるある!!」即答だった。
「じゃ、じゃあ、お母さんが風邪で寝込んでるとき自分の晩ご飯をコンビニに買いに出たお父さんがお母さんの食事も一緒に買ってきてくれるってことは・・・」
マリコの母「ない!!!」断言だった。
712302
「ああやっぱりこういうことって熟年夫婦あるあるなのね。怖い怖い。私は一生結婚しないわ。夫や姑がいたらこんなふうにのびのびできないもの。」

マリコは署に戻って調査結果を報告し疑いの晴れたモレションパパはまもなく自宅に戻ることができた。
「お陰様で家に戻ることができました。何から何までお世話になって何とお礼を言ったらいいか・・・。」
マリコ「いえいえ、とんでもない。どうかこれからはワンちゃんと仲良く暮らして下さいね。」

2匹の飼い猫達はマリコの実家に引き取られることになった。犬や猫の保護活動をしているマリコの母が「奥さんのこともすっかり忘れるような家に残される猫ちゃん達が心配。マリちゃん、うちに連れてきなさい!」と言ったからである。犬のほうはそのまま家に残されることになった。
モレションパパ「これからは男同士、仲よく暮らそうな♪」
712304
「嫌だあ~ボクも連れてって~sweat01

マリコ「これにて一件落着heart04
712303
彼女の名前は「万里古 真理 (まりこ まり)」。

上から頼まれてもいない事件に毎回首を突っ込み、複雑に入り組んだ事件に鋭いメスをを入れさまざまな謎や疑問を徹底的に追及し事件の真相を突き止める凄腕の警部補である。
しかし手柄は毎回同僚に譲りどの資料にもみずからの名前を残したがらないことから「警視庁匿名(希望)係のマリコ」と呼ばれているのだった。

おしまい。

今回マリコ警部補を演じてくれたのはしゅりママさんちのミノンちゃんです
生後7ヶ月のミノンちゃんはただいま里親募集中。
保護されたとき猫風邪を患っていたため片目が萎縮してしまいましたが日常生活には全く問題なし。元気で人なつっこく犬とも仲良く暮らせるとてもいい子です。避妊手術も済みお腹ぽってり触り心地満点です。私も先日触りまくってきましたhappy01この可愛いウィンク嬢と会ってみたい方はしゅりママさんに問い合わせてね~~!!

|

« コーヒータイム | トップページ | 妄想と入眠 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ついに妄想劇場、終わってしまった、、、
マリコ捜査官、探偵ナイトスクープ並に
大活躍でしたね。
無事に解決出来て、良かった良かった(笑)
ミノンを可愛く紹介下さり、本当ありがとう
ございました!

投稿: ラムネ | 2017年12月31日 (日曜日) 05:48

あ・ありがとうございます〜(T-T)マリコじゃなくてミノンのこと 素晴らしく紹介して下さって(^O^)
今日も朝から 毛を突散らかして犬とバトル繰り広げて元気いっぱいです(-_-)
あ〜〜連続小説終わってしまって淋しい('ω')来年また新たなシリーズ期待します!

投稿: マリコの仮母 | 2017年12月31日 (日曜日) 08:33

ラムネさん♪

関西人ならすぐにピンと来る・・・
探偵ナイトスクープのあのフレーズ\(^o^)/
最高顧問のラムネさん(←え?)来年も宜しくお願いします。
キジ太郎君、素敵な里親さんが決まってよかったね。
次はミノンちゃん!!いいおうちが決まりますように(*^_^*)

投稿: 香苗 | 2017年12月31日 (日曜日) 22:04

マリコの仮母さん♪

うふふふ(*^m^)
マリコ警部補の母親もマリコです・・・
新シリーズはあるかもないかもです
いいなあ若くて元気なミノンちゃん
うちの小豆姉さん巨大おはぎみたいに動きません。
小さい頃はミノンちゃんよりはるかにオテンバだったのに何故(@_@;)
マリコ警部補にこの謎を解いてもらいたい・・・。

投稿: 香苗 | 2017年12月31日 (日曜日) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/66221434

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場「低体温の女」(5):

« コーヒータイム | トップページ | 妄想と入眠 »