« 情報の更新 | トップページ | お菓子三昧 »

2017年8月16日 (水曜日)

帰ってきたタロ&タミー

お盆なので懐かしい顔ぶれに来てもらいました。

ユーリ「お散歩お散歩楽しいな~♪」
708160

タロウ「ちょっと待て。誰やお前。この家に用か?」
708161

ユーリ「あ、怪しい者ではありません。私はこのモレション家のユーリです。」
708162

タロウ「ウソこけ。ここの母ちゃんはバリバリの猫キチやで。
お前みたいな鼻の長いヤツ選ぶわけがない。(鼻ぺちゃのタミーならともかく)」
708163

ユーリ「う、うそじゃありません。ずーっとパピヨンが飼いたかったって。
3年前ジョート会というところで出会って一目惚れされて連れてこられたんです。」
708164
↑一目惚れされた3年前のユーリ。


タミー「話は全部聞かせてもらったわ。ママったら保護犬猫の里親になるには
そろそろ年齢制限で危なかったからあわてたのね。」
708165
↑壁に耳あり立ち聞きタミー


タミー「タロウ兄ちゃんお久しぶり~!!元気してた?」
708166
タロウ「うっ。面倒な奴に会ってしまった・・・」


タミー「ほほほほ。あなたのことはキャバ星からずっと見てたわ。
私はこのモレション家の初代宮廷犬のプリンセス・タミー。
またの名をフランソワーズ・モレション・タミーよ。」
708167

ユーリ「えっ。じゃあ、あの、モレションの名前の由来はもしかして・・。」

タミー「そう、あれはちょうど今日みたいな蒸し暑い夏の日のことだったわ。
私は暑さで気が緩んだのか寝てる間にオシッコがあふれるようになって
ママは私を病院に連れて行ったわ。そしたら先生がヒニン手術した女の子には
よくあることだからホルモン剤でよくなりますよって。
私は出された薬を飲んですぐオシッコは止まったけど同時に食欲も元気も止まって
驚いたママはもう薬は飲まなくていいから好きなだけ出しなさい
どうせ涼しくなる秋までの期間限定だからって。
708168
道行く人には笑顔をふりまき部屋の中には水たまりをばらまく私をモデルにした
「湖の妖精オモラシーヌ」というミュージカルもあるのよ。
ちょっと踊ってみましょうか?」

ユーリ「い、いえ、結構です。」

タロウ「え?下半身ビショビショビションヌさんて呼ばれてなかったっけ?」
708169
↑話が長いので飽きて寝てしまったタロ坊

タミー「あ、もうこんな時間、あずちゃんとチェリーちゃんにも会っていきたいし
タロウ兄ちゃんも一緒に行きましょうよ。じゃあねユーリ君、またね!」
タロウ&タミーに尻尾を振り別れを告げたところでユーリは夢から覚めた。

そんなユーリ君、今日は8歳のお誕生日です。おめでとう~!!cake

|

« 情報の更新 | トップページ | お菓子三昧 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

昨日ねぇ、ちっちゃな黒猫の子猫と眼があってしまったのよ。でも、ダンナは、新しい子を飼うのは、絶対許さないし、確かに、ダンナも定年が近くなって、年金生活になったら、夫婦ともに持病がある私たちじゃ、共倒れになる可能性大。
 あの子は、見てみぬフリをするしかないのかなあ(T_T)

投稿: リンデ | 2017年8月18日 (金曜日) 05:42

だよねえ・・・
猫が好きだからこそ生半可な形で関わりを持ってはいけない
途中で放り出すのが一番罪深いから。
ただ、もしその猫が怪我をしていたら弱っているように見えたら
自分ちの前でずーっと鳴いていたら誰かが保健所に通報しようとしてたら
もう即座に家に入れちゃうのが猫好きのサガで
私はこの後者(ずっとうちのそばで鳴き続けた)でタロ君を家に入れました(^_^;)

投稿: 香苗 | 2017年8月20日 (日曜日) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/65672778

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたタロ&タミー:

« 情報の更新 | トップページ | お菓子三昧 »