« 帝国ホテルディナー | トップページ | 過剰包装 »

2017年8月22日 (火曜日)

猫の避妊手術

家に猫が2匹いるにもかかわらず常に「猫が足らなーい!」と
猫飢餓状態にある私(ほとんどビョーキです)は
「おっきな猫の画像を見たい!」と毎日ネットサーフィンをしています。
708220
↑野性味あふれる可愛い子がいたので壁紙にしました。


私が猫に飢えているのはうちの子たちがほとんど姿を見せないからです。
チェリーはこうしてときどき姿を見せてくれますが
小豆はたぶん今猫庭の縁台の下にいます。
夏の人気スポットです。夜の墓場的な涼しさかな?
708221
さてチェリーの右耳カットにようやく気づいたご近所の人に
「あの耳どうしたの?怪我した?」と尋ねられたので
「避妊手術をしたとき目印に耳をカットするんだよ」と答えると
「えーっ!!痛そう!」と言われました。
ま、そりゃ痛いよね。麻酔で眠ってるから気づかないとはいえ
目が覚めたときはどうなんだろう(耳よりお腹のほうがはるかに痛いか・・)

私は極度の怖がりなのでピアスは死んでも開けられないけど。
地域によっては避妊手術の目印に耳カットじゃなくてピアスをつけるそうです。
それも悪くはないかと思うけど暗がりや遠目だと判別できないので
ボランティアさんは間違って何度も捕獲したり悩んだりするんじゃないかな。。

そんなことをあれこれ考えるのは実は
うちから少し離れたおうちに猫がたくさんいて次々と子猫が産まれ
動物好きの人達の話題になっているからです。
一体全部で何匹いるのかもしかして飼い主も把握してないかも知れない
川のそばにぽつんとある一軒屋で人の出入りする姿を見ないし
薄暗い灯りが1階についてるだけでいるんだかどうだか
猫達のゴハンは家の外にときどき置かれてるのを見るけど
明らかに少な過ぎて猫達には全然足りてないはず!
生後2・3ヶ月の子猫がまだ母猫のオッパイを吸っているらしい・・・
いろいろと疑問つっこみどころ満載なんだけどもしかしてあの家の中はすでに
多頭飼育崩壊現場で人が住めない大変なことになっているのでは
あれこれ悪い妄想が広がります。
でも近所付き合いのある人がいないみたいで話を聞きに行くのも難しい
すでに道路に飛び出した猫達が何匹か車にはねられてます
ああ・・・・悩ましい・・・・。

|

« 帝国ホテルディナー | トップページ | 過剰包装 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

 多頭飼育が崩壊すると、まさに共倒れだもんね…

 避妊手術する金銭的余裕がないのか、そもそもそういう発想のない人か、飼育崩壊か。

 気になる状況だね。

投稿: リンデ | 2017年8月23日 (水曜日) 16:57

最近仕入れた情報によるとこの家に住んでるのは老夫婦
ときどき息子さんがやってくるらいい
ということは私が想像するに
避妊手術の発想がない、お金がない、体力もないの三つ巴
ときどき息子さんが猫のエサやりに来る(猫に特に関心なし)って感じかな?
だって飼い猫の食事を自宅でも庭でもなく家から離れた裏の空き地に置くって変でしょ?
明石市の避妊手術助成金について調べたら野良猫の手術にお金は出るらしい
でも野良じゃないしでもちゃんとした飼い主じゃないし
もう本当に悩ましいです。。

投稿: 香苗 | 2017年8月24日 (木曜日) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/65697622

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の避妊手術:

« 帝国ホテルディナー | トップページ | 過剰包装 »