« 洗濯テスト | トップページ | お知らせ »

2016年9月18日 (日曜日)

犬の幸せ

昨日アイロンを出したついでにもう1枚Tシャツにアイロンプリントしました。
609180

その後ちょっと2階に行って戻ってきたら・・・
609181
アイロンにオシッコされてましたshock
ううう。私としたことが油断したわ。コードの先まで濡れてました。
アイロンの熱を冷ましてから片付けようと置きっぱなしにしてたのがまずかった。
後ろのアイロン台の布に被害がなかったのがせめてもの救い?


このところドライフードを全然食べてくれないユーリさん。
でも外に出ると張り切っておやつをもらいに行く元気者。
しゃあない。豚の挽き肉を買って来て卵・牛乳・パン粉を混ぜて肉団子を作り
朝から手をつけていないフードの上に乗せたらきれいに完食!!
↓こちらは明日の分に取っておきましょう。
609182
さすがに肉団子は美味しかったらしい(*^_^*)
珍しく和室を出て台所にいる私のところまで顔を出し
「おかわりは??」という表情happy01
その様子を見て思った・・・・

どうやったらこの子を幸せにできるのか のんびり穏やかに過ごせるのか
どうすれば我が家で安心して熟睡してくれるのか 
ああでもないこうでもないと悩みまくっていたけど
そんなことより「美味しいものを食べる」のが一番なんじゃない?

美味しいものを食べたら幸せな気分になる
お腹が満足したら心が落ち着いて気持ちよく眠れる
そんなシンプルな結論に気づくまで2年かかっちゃったなあ・・・
うん、これからも頑張ろう・・・・。

|

« 洗濯テスト | トップページ | お知らせ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。里親さんになられた方で、抱っこできないとか、体に全く触れないとかで悩む方多いです。
可愛がってもらった思い出のない子や、虐待されてた子、外に出た経験のない子に多いですよね。触れ合いが苦手のタイプ。
我が家に過去きた保護犬にも何ヶ月もクレートに引きこもっていて姿を見せない子、いました。
猫と犬の違いは餌で釣れるですので、ご飯をあげ、普段あげないsnackをあげ、少しずつ少しずつ顔をのぞかせるようになり、半年ほどでおやつの時だけ他の犬にまじって取りに来るようになり、ちょっとだけ触れるようになり、散歩だけは行けるようになりと進化しました。
基本クレート大好きは変わりませんが、笑顔も見られるようになり、引き籠もりでしたのでヒッキーと名付けて、ヒッキーと呼んでシッポを振ってくれた時のうれしさは今も覚えています。ちゃんとご飯が食べられて、自分の好きな場所でまったりと過ごせれば、犬は幸せなのかもしれません。人間の方があれこれ犬に期待しすぎなのかもしれませんね。

投稿: leottil | 2016年9月20日 (火曜日) 11:26

leottil さん 有難うございます(*^_^*)
そう、その通りだと思います。人間が犬にあれこれ期待しすぎるのだと。
呼んでも来ないスキンシップ嫌いの引きこもりが猫だったらその子の「個性」だと思って特に悩まないのに犬だと自分の責任とか不幸な生い立ちのせいとかあれこれ気を回してしまうのです。
それは不幸な過去を持つ保護犬を引き取った飼い主の気合の入り過ぎとも言えるのですが、とにかく毎日気を使って頑張っているのだから何かわかりやすい「成果」が欲しいとあせってしまう。
犬自身は別に何も考えず満足しているのかも知れないのに。
殺される命を助けることも里親を探す事ももちろん大切ですが、保護犬の里親となった人達の情報交換の場を設けるのも急務だと思っています。
ネットで調べても「○年後ようやく心を開いて甘えてくれるようになりました」とか「今では一緒に寝ています」といった成功例(?)ばかりで器の小さい私はイライラします。「どうせあたしはダメ飼い主よ!」(捨てゼリフ)
専門家のアドバイスなんか要らないから同じ境遇の人達と「保護犬あるある」話ができたらそれだけで心が軽くなるのになあ。。

投稿: 香苗 | 2016年9月20日 (火曜日) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/64222834

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の幸せ:

« 洗濯テスト | トップページ | お知らせ »