« 毛玉 | トップページ | 寒くて・・・ »

2016年1月19日 (火曜日)

源氏物語

鬼才・赤塚不二夫先生が描く「源氏物語」があると知って
どうしても読みたくなり入手しました(古本です)
601190
まさかまさかこのイヤミが光源氏とはcoldsweats02


でも中身は面白いです。非常にわかりやくす読みやすい!
601191
女性は比較的可愛く描かれていますが男性陣は「おいおいsweat02」です。


一番好きな古典文学は「伊勢物語」ですがこのマンガも数年前ゲットしました。
601192
「昔男ありけり」で始まる短編集です。ああなつかしや。


高校時代の愛読書です。ウン10年経ってもまだ持ってます。教科書も。
601193
まるで呪文のように意味不明な昔の文章を1文字ずつ分解し
名詞動詞形容詞助動詞と分別(?)していき内容を探っていく作業は楽しいです。

高校1年のときの古典の先生が言っていました。
「100回読めばおのずと意味がわかってくる。」
ウソです。ただ読んだだけじゃ絶対わかりません!!
現代文ならともかく「読書百遍意自ずから通ず」なんて有り得ません。
ちゃんとしたノウハウあっての解読です。

でも私今の日本語わからないのよね・・・
「違くない」ってなんか違くない?
「空気感」って「空気」でいいんじゃない?「感」要らないよね?
「袋大丈夫?」ってレジで言われると「あんた(頭)大丈夫?」って言いたくなる
でも老兵は消え去るのみなので大人しく長いものに巻かれま~すhappy01

|

« 毛玉 | トップページ | 寒くて・・・ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

「源氏物語」はねえ(伊勢もそうだけど)、
恋愛小説だけど政治小説でもあるんだよね。
次の天皇の位が、娘が皇太子を生むかどうかで
決まる、という摂関政治の日本特有の現象だけど。
だから、貴族の恋愛は多かれ少なかれ、政治的
色彩があって、「源氏物語」はその最たるもの
なんだよね。そのへんが醍醐味

投稿: リンデ | 2016年1月23日 (土曜日) 14:07

大和和紀先生の光源氏との差に吹きましたw

投稿: えりりん | 2016年1月23日 (土曜日) 23:15

リンデさん♪

年齢を重ねてからの源氏はかなり狡猾だよね。
明石の君の娘は大出世(?)したので
してやったりという気分でしょう。
伊勢物語はもう少し身分の低い人達が出てくるけど
妻の実家が没落するとあっという間に夫は去り
ただの色恋だけじゃないのが現代の小説とは違うところです。
私は源氏の中に出てくる誰かになるとしたら末摘花がいいかな。
女同士の争いに巻き込まれずおっとりしてるところがいい(*^_^*)

投稿: 香苗 | 2016年1月24日 (日曜日) 19:37

えりりんさん♪

強烈な落差でしょ!!
表紙はこれだけどまさか中身まで出っ歯のイヤミが
光る君のままで終わるとは私も思ってなかった(^_^;)
ちなみにイヤミの父親の帝はバカボンのパパです(大笑)

投稿: 香苗 | 2016年1月24日 (日曜日) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/63091880

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語:

« 毛玉 | トップページ | 寒くて・・・ »