« ミニ肉球 | トップページ | 昭和と平成 »

2015年9月10日 (木曜日)

「猫侍 南の島へ行く」

あいにくの雨でしたが雨天決行。
109シネマズHAT神戸に映画を観に行って来ました。
509100
JR灘駅から徒歩で10分、迷うことなく目的地に到着することができました。
超ド級方向音痴の最終兵器、道案内アプリMap Fan eyeのお陰です。
もともとこのアプリが欲しいがためにスマホを買ったのですが
これまでエラー続きで全く役に立たず・・・
今日は2回トライの末ようやく初めての道案内をしてもらえました。
いやあ助かった、これがなければすんなり目的地に着くのは無理でした。
いつもこんなふうにちゃんと作動してくれるといいんだけどな。

さて映画は脚本・主演の北村一輝さんが言っていたように
まるきり内容の無いただただのんきに笑って猫を愛でる映画でした。
主役(?)猫の玉之丞を演じる白猫のあなごちゃんがとにかく美しいheart04
17歳だというのにこんな巨大アップに耐えられるなんて・・・
着物の胸元からチラッとピンクの肉球が飛び出すシーンに「キャー!!!」
心の中で悶えまくりました。ホント、ただ者(猫)じゃない・・・。

「南の島の設定なのに出演者の吐く息が白い」というツッコミはさておき(笑)
一番度肝を抜かれたのがエンドロール。
「えっ!?」「この人が?」「この歌を?」
すんごいサプライズでした。(ネタバレは避けたいのでここでは言えない)
この最後の印象が濃すぎてそれまでの内容が吹っ飛んでしまいましたshock
そして猫のあなごちゃんを観た後は穴子丼を食べて帰りました(いやホント)。
楽しかったけど疲れた・・・・。

|

« ミニ肉球 | トップページ | 昭和と平成 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/62256605

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫侍 南の島へ行く」:

« ミニ肉球 | トップページ | 昭和と平成 »