« 留守番 | トップページ | 「ヤング≒アダルト」 »

2015年1月 3日 (土曜日)

「アナと雪の女王」

足指の痛みもだいぶ薄らぎ、腫れがどれぐらい引いたか見ようと
靴下を脱いだらユーリがサーーッとやってきてその靴下を強奪。
501030

自分のテリトリーに持って行って味わい(?)始めました。
501031
意外な反応にビックリしましたが・・・すぐに飽きたようで放置coldsweats01

そんな話とは全く関係なく・・・
「アナと雪の女王」ようやく観終わりました。
この物語は、触れるものすべてが凍ってしまう魔法(呪い?)をかけられた女王と
「ドンマイ!お姉ちゃん、きっと何とかなるよ!」と能天気にぐいぐい迫ってくる
妹アナ王女の姉妹愛のお話です。こんな妹、私は嫌だ(苦笑)

まあまあ面白かったけど、あの王子の存在は要らんかったなあ。。
それともうひとつ言わせてもらえるなら(←絶対ひとつじゃすまない)

あれはアニメじゃない (言ってしまった・・・)

私はこの手の全面CGアニメが嫌い・・・
だから劇場で予告見たときも即座に「パス!!」と思ったわけで
それがまさかこんな大ヒットして話題になるとはねえ・・・
確かに絵はとてもきれいだった(特に氷や雪のシーン)
動きもリアルで人物の手も実写かと思うほどうまくできてて
でも私は絵を線で表す技法が好きでマンガやアニメに惚れこんでるのに
この手の作品には「線」がない・・・
背景はともかく登場人物がつるつるですべすべな餅肌(笑)で

ゴム人形の出てくる人形劇を見ているみたいで(言っちゃった・・・)

生理的にダメです・・・(あくまで個人の感想です)
でも今はこれが主流になっちゃって「普通」になりつつあるのでしょう。
DVDのおまけについていたミッキーマウスの短編はとても面白く
これだよ、こういうのを観たかったんだよー!!と思いました

さて「アナと雪の女王」は英語版と吹き替え版の両方を観ましたが
吹き替え版のほうが絵と声が合ってた(そして上手かった)

あの有名な「ありのままの~♪」ですが、こんな替え歌を発見しました。
深夜に大爆笑したのでお暇な方は見てねhappy01
そして歌いましょう。「少しも痩せてないわ~♪」

|

« 留守番 | トップページ | 「ヤング≒アダルト」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も完全なCGアニメと3D映画はだめ。アニメはやっぱりセル画だよな。

投稿: リンデ | 2015年1月 4日 (日曜日) 14:57

だよね!だよね!やっぱセル画だよね!?
どんなに精巧に作られていてもあれは気持ち悪い。
ディーズニーは手書きアニメはもうやらないらしい。
儲からないのと時代の流れらしい・・・
手塚治虫が生きてたらどうなってるだろうかと考えるわ。。

投稿: 香苗 | 2015年1月 4日 (日曜日) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/60917449

この記事へのトラックバック一覧です: 「アナと雪の女王」:

« 留守番 | トップページ | 「ヤング≒アダルト」 »