« 招かれざる客 | トップページ | 夏の間に »

2014年7月30日 (水曜日)

パピ星へGO!!(1)

ここはキャバ星。
極楽町1丁目にある美味しい手作りパンのお店「喫茶ぽぷりん」。
Popurin4

店主のぽっぷが朝の支度をしているとカランコロンカランコロンカランコロンと立て続けにドアベルが鳴って「タミーと愉快な仲間達」がぞろぞろと店に入ってきた。
407301
タミー「やっほー♪ぽっぷちゃん、みんなで来たよー!!」

「やっほーって・・・どうしたのこんな朝早く。それに今日はお店休みなんだけど。」
407300
「知ってる知ってる、ユキちゃんに聞いたよ。どれみちゃんが虹の橋を渡ってもうじきパピ星に戻ってくるんでしょ?どうせなら大勢で迎えに行ったほうが楽しいかなと思って。あたし一度でいいからパピ星に行ってみたかったの!」
「あたしも!」「あたしも!」「あたしも行きたいー!!」

「それにしても何か急だったね。ぽっぷちゃんがこっちに来たばっかりなのに。」
「はっ。もしかして茶組と黒組との抗争に負けてシマを追われたとか?」」
「そういえばこっちに来てるのは白黒パピばかり・・・」
「パピ界の仁義なき戦い!?うわーパピって怖い!!」
407302
「んな訳ないでしょ、あたし達と同じ愛玩犬なんだから。」
「そうよそれに負けて戻るような気弱なパピがいるはずないわ。」
「い、いやそこまで言い切るのはどうかと・・・・。」

「まあどうせあたし達と同じレンタル肉体の不具合なんじゃないの?」
「電池の切れる心臓とか膝のボルトの締め忘れとかオデキの芽の取り忘れとか・・・・」
「あーあるある・・・・」

「ねえねえぽっぷちゃん、ユキちゃんがパピ星行きの高速船のチケット取ってくれたの。あたし達全員の分あるから一緒に行こうね♪」
「えっ。高速船!?」
「すっごくいい席なんだよね。」
「うんまあちょっとしたツテがあってね。」
「高速船の名前、ゆきのっていうんでしょ?もしかしてユキちゃんがオーナー?」
407303_2
「ちゃうちゃう。でも勝手に名前使ってくれたお礼はしとこうと思って責任者呼んでかる~くシメといたわ。」
「こわっ!!やっぱりパピ怖いっ!!!」

ユキ「船内にユキ印のアイスクリーム置いてもらうことで合意したから。」
タミー「ユキちゃん大好き-----!!!!」

こうして一行は張り切って「ゆきの高速船」に乗り込んだ。
ひとり乗り物酔いするぽっぷを除いて・・・・・

つづく。

|

« 招かれざる客 | トップページ | 夏の間に »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/60068071

この記事へのトラックバック一覧です: パピ星へGO!!(1):

« 招かれざる客 | トップページ | 夏の間に »