« 舟を編む | トップページ | 布団探し »

2013年11月11日 (月曜日)

こたつ布団

さぶっ!!!!!
めっちゃ寒い、首にショール巻いてもこもこベスト着たぐらいじゃ足りん!!
あわてて石油ストーブ出したけど足元が冷たくて辛い。
でもこたつ布団を買いにいかないとこたつが出せません。
ずっとこたつ布団を探しているけどいいのが見つからなくて困っています。

私がこたつ布団に求める最も重要な条件は「安全第一」です!!
ある程度の厚みと重みがあって足にまとわりつかないこと、これ大事!
何しろ足腰非常に弱ってますから、うっかり薄いカバーなんてつけたら
足をひっかけ「おっとっと!!!」と転ぶのは必至。
こたつ布団で転んで骨折して家を空けるわけにはまいりません(真剣!)

でもいまどきのこたつ布団は薄く、省スペースタイプのものが増えました。
これ使うと絶対ひざや足首に布団ひっかけて転ぶから!
昔ながらの分厚い綿入りのが間違いないけどなあ。。。

あと、もうひとつ重要なのが色。あずにゃんの毛色が映えるやつがいいheart04
茶だのベージュだのといった暗い色柄ではあずにゃんが目立たないもの。
311111
↑こんなふうな黄色ならいいんじゃないかなあ。
しかし黄色い布団なんて売ってないない。
うちにはもう汚す子なんていないから黄でも白でもピンクでもいいのに。。。


昨日借りたDVDが新作だったため返却期限は明日です。
なのでついでにコミックも返しに行こうとあわてて読みました↓
311110
「おいでよ動物病院!特別編 さよならの時間」(著 たらさわみち)
12歳で亡くなった猫ちゃんの1年半の闘病&介護を描いたマンガです。
作者は愛猫アゴちゃんが亡くなった1年後ようやく新しい猫を飼うことを決め
新入り猫たちにふりまわされる日々を過ごすうちに
アゴちゃんと過ごした楽しい日々を悲しくない涙で思い出せるようになった
と最後に書かれていました。

うーん。それなんだよなあ・・・。
私、たみちゃんとの最後の悲しいシーンばかり思い出されて
楽しかった面白かったはずの思い出が全く頭に浮かんでこない
これってすごくもったいなくてタミーにすまないと思うんだけど
若くて元気だった頃の記憶がぶっ飛んでます。
なんとかならないのかなあ。。。。

|

« 舟を編む | トップページ | 布団探し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は、にゃんこの最期を看取れなかったせいか、香苗さんより時間がたったせいか、にゃんこの若いころの記憶もたくさんあるよ。
たみーさんも、きっと、若くて元気なころの姿をそのうちみせてくれるんじゃないかな。
 ちなみにうちではこたつをだすスペースがありません。あれば嬉しいんだけど

投稿: リンデ | 2013年11月14日 (木曜日) 08:15

うちも本当はこたつを出せるようなスペースはないけど
どうしてもこたつに入りたいので無理やり出して
狭いのでしょっちゅう布団を踏んづけるという愚かさ・・・(^_^;)

タロ君とは21年も一緒にいたのに晩年のイメージが強すぎて
せっかく頑張って長生きしてくれたのに記憶が飛んでもったいないー!
タミーは超いやしんぼだったので食べ物にまつわる思い出だけは
すこ~しだけ残ってるけどあとは・・・・
それとも私が年取ってボケてきたせい?でないと思いたい(汗)

投稿: 香苗 | 2013年11月17日 (日曜日) 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/58558699

この記事へのトラックバック一覧です: こたつ布団:

« 舟を編む | トップページ | 布団探し »