« 大阪ガスさん | トップページ | カーテン »

2013年5月31日 (金曜日)

キャバ星★同窓会(4)

のんのん「虹を ララララ 渡り~~♪」
Dousou3
ギザギザな虹の橋を軽やかにステップするのんのん嬢。
しかし彼女の行く手には大したことのない試練が待ち受けていた。


いきつけの店の全メニューを制覇しようやく訪れた休肝日
タミーが3時のおやつのカボチャプリンを食べているとサクラがやってきた。
Doussou2
「ねえタミーちゃん昨夜のWAN TUBE(ワンチューブ)見た?」
「え?見てないけど?何か面白いニュースでも?」
「のんのんちゃんが虹の橋を渡ってこっちに来てるみたいなの。」
「え!のんのんちゃんが!?懐かしいー!!また同窓会開かなくちゃ♪」
「それがね・・・なんかちょっとトラブってるみたいでいつ着くかわからないって。」
「どういうこと?」
「詳しい話をクッキーちゃんに聞きたいし、今夜みんなで集まろうよ。
カクテルの美味しい店が最近できたらしいからそこへ行ってみよう!」


タミーの歓迎会のため故郷のみっくすじゅーす星からやってきたサクラは
初対面でタミーの双子の姉妹の百合子とすっかり意気投合しそれ以来
ずっとタミーの実家に住んでいる。
「あたしたち二人とも花の名前でしょ?美人フラワーシスターズで有名なのよ。
これからはリリーとチェリーって呼んでね♪」
笑顔で語る百合子だったがいやしんぼタミーには
「リリーとチェリーって・・・・缶詰か・・・?」としか思えなかった。
Cherry
しかしちゃっかり者のサクラはすでに名刺まで作っていた。


その夜。サクラの案内してくれた店にはこんな看板がかかっていた。
305290
タミー「ええと・・・・あずきバー・・・・・?」
「美味しそう!でもあたしはソーダの方が好き・・・ってアイスキャンデーかい!?」
さすが関西系キャバだけあって百合子はノリツッコミするのを忘れなかった。


店のママは色黒の若い女性だった。すかさず百合子が突っ込む。
「この星に猫族なんて珍しいね。わかった!好きな人を追っかけて来たとか!?」
ママ「ええ・・・まあ・・・(タミーに)どこかでお会いしませんでした?」
タミー「え?全然記憶にないけど?」
ママ「(ガクッ!)今美味しいマタタビ酒が入ってますけどいかがですか?」
タミー「要らない。それより口当たりがいい美味しいカクテルをちょうだい。」
Kaiten
3人が「ソルティードッグ」を飲んでいるとクッキーとチャッピィがやって来た。


クッキーの話によるとのんのんは本来の予定より早く虹の橋に来てしまったため
必要書類がまだ整わずキャバ星への入星が許可されないとのことだった。
Hueruto
つづく・・・・。


ええ、最後の画像は誰が何と言おうとクッキーちゃん本人ですから・・・・(滝汗)

|

« 大阪ガスさん | トップページ | カーテン »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/57498516

この記事へのトラックバック一覧です: キャバ星★同窓会(4):

« 大阪ガスさん | トップページ | カーテン »