« アルバム | トップページ | 余る »

2013年2月15日 (金曜日)

リンパ腫

タミー「ママ、ちょっと田舎のキャバ星まで行ってきます。」
302150
あ、そう、気をつけてね。早く(生まれ変わって)戻ってくるのよ。

今朝思い切ってお隣に行きコタママにタミーのことを話してきました。
ちょうど下の娘さんが赤ちゃんを連れて遊びに来ていて
話をしたら玄関で親子2人でダブル泣き(や、やっぱり・・・・)
コタママ「聞きたくなかった・・・・。」(私も言いたくなかったよ・・・)
ちなみに下のお嬢さんは「タミゴン」の愛称の名付け親でもあります。
ちっちゃい頃タミーをよくお隣に預けて、遠慮なく暴れてたからね。
コタママ「ああもう立ち直れない・・・・」「悲しくてしばらく写真は見れない」
そうだよね。通院中もキャリー越しに何度かタミゴンを見ていて
元気そうだねって言ってたのはほんの少し前のことだもの。
家にお邪魔したら赤ちゃんの子守りに疲れたコタロウ君は
借りてきた猫のように大人しく背中を丸めて寝ていました。
尻尾をつかまれバンバンたたかれいろいろ大変だったそうです。
年より若いとはいえもう15歳。ゆっくり寝て元気を出してね!!

モレションパパは親戚に不幸があって今日は泊まりです。
悪性リンパ腫を患っていた伯母さんが亡くなったそうです。
抗癌剤治療の効果が出てかなり良くなっていたけれど
副作用が辛くてもう治療は嫌だと通院も拒否していたそうな
・・・・いろいろと身につまされる話です(-_-;)

悪性リンパ腫といえば・・・
脚本家の三谷幸喜氏の愛犬「とび」(13歳・ラブラドール)が悪性リンパ腫で
肝硬変になり最近亡くなったという記事を先日新聞で読みました。
(悪性リンパ腫は肝臓をやられます。)
読んでいるとうんうん、わかるわかる、とうなずくことばかり。
リンパの腫れがかなりひいてもひどい貧血が残るんだよね・・・
一度も会ったことないけど冥福をお祈りします。。。

|

« アルバム | トップページ | 余る »

ペット」カテゴリの記事

コメント

なんかまたまた似たように話に工エエェェ(´д`)ェェエエ工

とりあえずコタママには話せたのね
でもコタ君も15歳ならそんな遠くない時に
別れはやってくると思うと辛いけど、とりあえず
一つ心配なことはなくなったね

私もチャッビィがこの病気にならなかったら
きっとそんなにこの病気に敏感ではなかったと思うけど
チャッビィが亡くなって何年かした時に
友達のご主人がリンパ肉腫になって
いろいろ資料とか本とか持って行ったよ
サプリとかも教えてあげて、人間も犬も同じ過程は
たどるからね

でも、ご主人は抗癌剤も効いて今は元気にしてるので
よかったんだけどね

たまたまネットで知り合った方もこの病気で
一度再発もしたけど今は元気で仕事もやれてるって
言ってて、意外に多いこの病気?
なんて思ったよ

そうそうテレビで有名だったラブのまさおくん
っていたの覚えてる?
あの子も同じ病気で亡くなったんだよね

チャッビィも最期は貧血がひどくて、注射の針を刺した時にショック状態になって亡くなったからね...

タミーちゃんの笑顔やっぱりカワ(・∀・)イイ!!

投稿: うめ | 2013年2月16日 (土曜日) 08:10

ああ、このきりっとした眉毛、口角の上がった可愛い口元。
これぞたみちょんだー!!ヽ(´▽`)/
明るい楽しい写真ばかりなのに泣けちゃうね。。
でもたみちょんのイメージはこれだから、たみちょんを思い出すときはこの顔を思い出すね!

のんのん、昨日も病院に走ったよ~
もうドキドキの毎日。

投稿: クーママ | 2013年2月16日 (土曜日) 20:31

うめちゃん

そうそう、今まであまり意識してなかったけど
ヒトでも犬でも意外と多いよねこの病気!!
ただ人間だと「色白の美人薄命」みたいなイメージがあって
タミーはちょっと違うんでないかい?て気もするけど。
大きな病院なら輸血もしてもらえますって先生に言われたけど
さすがにそこまでの決心はつかなかったなあ。
もちろんそうまでしなくても治るんだと信じてたけど。

え、ちょっと待って、チャッピィちゃんの最期ってそうだったの!?
知らなかった。それってすごいショック。
貧血がひどいと注射や点滴が出来ないと聞いたことあるけどそういうことなの?
悪性リンパ腫は全身病でどうしても貧血がついてまわるよね。
特にワンコの場合は進行がものすごく早くてあっという間らしい。
タミーはかなり頑張れたほうなのかな。。。
早くいい治療法が見つかるといいね。

投稿: 香苗 | 2013年2月17日 (日曜日) 20:20

クーママ

そう、このみごとな立体(爺さん)まゆ毛!
でっかい目玉と溢れる食欲いつでも笑顔!
こんな表情だけ覚えておきたいと思う。
私と同じでたみちょんに深刻なんて似合わないから。
最後に目に焼きついてるのはちょっとだけフリフリしてくれた尻尾。
全盛期のブンブンほどではないけど精一杯フリフリしてくれて嬉しかった♪

正直クーママの名前を見ると心臓に悪い・・・
何かあったかなかったかドキドキして・・・
病院に走るときのあのハラハラドキドキは何回体験しても慣れない
キャバよりこっちのほうが先に心臓やられるよ!!とよく思った・・・
のんのんちゃんまだまだ元気でいてねー!!!

投稿: 香苗 | 2013年2月17日 (日曜日) 20:32

お別れは辛い事だけど、お別れした時に一緒に悲しんで泣いてくれる人がいるって幸せな事だよね(^-^)。

悪性リンパ腫って人間でもワンコでも多い病気なんだね。

投稿: ぷーちゃん | 2013年2月19日 (火曜日) 11:15

ぷーちゃん

そうそう、どうかすると飼い主以上にショックを受けて泣いてくれる人も。
コタママは「どうしよう、コタに話せない~!!」と今日も嘆き
私も「一緒に散歩に行こう~!!」とワンワン誘いに来られたら辛い・・・
まだ匂いは残ってるかもしれないなあ。

昔のワンコは病院に行くこともなく長生きでもなかったから
ガンや成人病(?)になるまでに寿命がきてたんだろうな。
しかしもはやそんなのんきな時代には戻れない。。。(-_-;)

投稿: 香苗 | 2013年2月19日 (火曜日) 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/56773883

この記事へのトラックバック一覧です: リンパ腫:

« アルバム | トップページ | 余る »