« 若さゆえ・・・ | トップページ | 達成! »

2012年2月 2日 (木曜日)

「マンガで分かる心療内科」

今夜のモレションパパのご飯はお弁当。昨日の肉じゃがの残りも入れました。
えぐみのあるじゃがいもは取り除きましたが。(私はお腹も壊さずラッキー!!)
モレションパパはこの弁当箱を抱えながら録画していた囲碁番組を観てました。
こんなふうに囲碁やスポーツ観戦をしながら食べるのにピッタリなのです。
パソコンに向かいながら食事していることもある「ながら族」←古い!?
食器とか盛り付けとか、女性が気にかけてるような事柄はどうでもいいのね。
オッサンにはこういうので充分ですわ♪
202021


さて先日TUTAYAでこんなコミックをレンタルしました。「マンガで分かる心療内科」
表紙でわかるように(?)ギャグ満載のマンガで、基本は真面目、だけど笑える。
専門的な内容をわかりやすく(ボケとツッコミで脱線しつつ)解説してあります。
読んでみていろいろと目からウロコですわ。。。
202020
私は心の病にかかる人はみな感情過多で気持ちをコントロールできず
冷静な状況把握や自己分析ができないタイプの人がなるのだろうと
ずーーーーっと思ってきました。ところが・・・・

どっこい。

「頭がよくクールに物事を判断する人ほどうつになりやすい」そうです。逆でした。
「うつの人ほど現状を冷静かつ正確に認識する」ええええ。そうなのー!?
ドライな人は大丈夫と思ってたのに全然違ってた。
そういえば・・・心の病を持つ人たちに食事を提供する仕事をしている友人が
「みーんな頭のいい人ばっかりだよ!高学歴の人も多い!」って言ってたなあ。
理論派が心を患うってなんか不思議な気もするけど
人生あまり真面目に深く考えてばかりいるとどうしたって楽観主義者にはなれず
目の前に広がるのは不安や絶望や理不尽な現実への怒りばかり
これじゃあ脳が休めなくて疲れちゃうもんねえ。適当がいいのね。おバカなほうが。
面白かったのでまた続きを借りてこようと思います。

|

« 若さゆえ・・・ | トップページ | 達成! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/53888268

この記事へのトラックバック一覧です: 「マンガで分かる心療内科」:

« 若さゆえ・・・ | トップページ | 達成! »