« 「熱中時代」 | トップページ | タミー・ポッターと素敵なプリンス »

2011年4月10日 (日曜日)

替え歌

よーく見ると変な部屋だなあ。
104100
ここは和室。写ってないけどこの上の壁にはモレションパパの両親とおばあちゃん
その3人の大きな遺影が3枚も飾ってありまして
その真下に赤や紫のポンポンやクリスマスリースや
近所のおっちゃん(名前知らん)からもらった自家製ひょうたんなどが並び
おそらく天国か極楽で「大丈夫かいな、この嫁。」と
モレション家3名が語り合っていることでしょう。
ええ、大丈夫じゃありませんとも(^_^;)

今日は更新もなーんにもせずTV観たり雑誌やマンガ読んだり動画観たり
歌を聴いたりして過ごしました。
斉藤和義の「歩いて帰ろう」はええ曲やなあ・・・。
走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく だから歩いて帰ろう~~♪

その彼の作った曲「ずっとウソだった」が話題になっておりますが
その内容はさておき←え?放置?
やっぱ歌うまいなあ~。生ギター素敵~。声がいいなあ~。
しかし私が一番注目したのはその替え歌作りのセンス←そこかい!!
私も替え歌作りが好きなのでこちらに一番感心しました。

かつて自分が作った曲「ずっと好きだった」を「ずっとウソだった」に
ラブソングを原発ソングにさらりと変えてしまう歌詞の作り方が素晴らしいです。
歌いやすい覚えやすいサビの部分が親しみやすい。
でも一番笑ったのは某動画サイトでこの曲が終わったあとで
「提供は東電がお送りしました」「社長はずっと入院だったんだぜ」という
コメントが出てきたことで、夜中に一人で爆笑しました。
さてこの曲の内容に対する賛否両論が歌で出てくるといいな。
原発ソングがいっぱい出てきて歌で議論できるっていいな。

もひとつおまけに被爆国のニッポン人が
何でレントゲンやCT検査をいっぱい受けて世界一被曝するのかな
なんて曲を誰か歌ってくれるといいな
あ、でもこれは絶対放送禁止かもね・・・・。アブナイアブナイ。

|

« 「熱中時代」 | トップページ | タミー・ポッターと素敵なプリンス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/51356581

この記事へのトラックバック一覧です: 替え歌:

« 「熱中時代」 | トップページ | タミー・ポッターと素敵なプリンス »