« 実験結果 | トップページ | 公開! »

2010年5月13日 (木曜日)

学習型

タロ君の薬が切れたので動物病院に行ってきました。
タロ君も一時に比べたらずいぶん鳴き声が静かになったという話をしたら
先生「年をとると嫌なものは絶対嫌だと頑固になるか、まあいいかとあきらめるか
わりと両極端に分かれるんですよ。」
そっか、んじゃタロ君は「まあいいかあ。」というほうにまわったのね。
以前なら逃げ回っていたモレションパパにも平気で抱っこされるようになったし
先生も「大人しく診察させてくれるので拍子抜けした(笑)」って言ってたし。
005130
すっかり丸くなったタロ坊(体のフォルムのことじゃないからね)


12歳になったばかりのタミーのほうが20歳のタロ君よりも年寄りっぽくて
散歩に行ってもすぐ帰ろうとするし覇気がないという話をしたら
先生「心臓肥大を抱えてるキャバリアですからしんどいんだと思います。
若い頃は平気でも年を重ねると大きな心臓が負担になります。
それで動いたら後でしんどくなるからやめておこうと思う子と
後先考えず動き回って後で疲れる子とに分かれます。」
するとうちのたみこさんは猪突猛進型じゃなくて
「疲れるからこのへんにしとこ。」っていう学習型なのね。

学習する女タミー「あたしだっていろいろと考えてるのよ。」(そうは見えないけど)
005131
まあいずれにせよ、うちの子たちが無理をしない妥協型・学習型でよかったわ。
年取って無駄にエネルギー使って寿命を縮めるのはよろしくないし。
いや、年をとってるのにいつまでも若いつもりで無茶な行動をしてダウンするのは
人間だけなのかも知れないわ(「人間」のところに「飼い主」を当てはめてね♪)
あ、タロ君がおとなしくなった、というのはあくまで「これまでに比べて」という話で
いわゆる「当社比」ですから。ええ、充分迫力あって怒ったら怖いですcoldsweats01

|

« 実験結果 | トップページ | 公開! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

 たみさんや、タロさんは、自分のことをとってもよくわかってるのね。きっと。
 人のほうが、ぜんぜんわかってないわ。父をみてるとね~。

 思えば、にゃんこも、病院でなく、おうちで旅立つことを選んだものね。

投稿: リンデ | 2010年5月14日 (金曜日) 15:02

なるほどね〜!!
歳をとると頑固になって融通がきかなくなりやすいって聞いた事があったけど、反対もあるんだね!

サクラが最近、大きな音や振動とかにもちょっと気にしなくなってて
(先日も震度2の地震があった時に慌ててサクラを見たら長〜〜〜くなって熟睡してたし(笑)以前なら飛び起きてビクビクしてたのに!)
来客があっても吠えなくなったし〜
まさに「まぁ〜いいか」って感じかも!
この調子でカミナリもまぁ〜いいかってなってくれたらな〜(笑)

でも、散歩前&後とか、ご飯前はちょう吠えるけどね(笑)

投稿: ぷーちゃん | 2010年5月15日 (土曜日) 06:43

にゃんこちゃんは賢い猫だったと思うよ。
しんどいとき、苦しいとき、一番静かに休めて落ち着ける場所を
きちんとわかっていてみずから選んで
選んでくれたのが自分の家っていうのは飼い主冥利につきるよね!
猫は決して無理をしないし見栄を張ったり意固地になったりしない
人間はその逆で年をとるほどよけいな殻が厚くなってしまう。
本当に枯れた境地の人って見たことないなあ・・・(^_^;)

投稿: 香苗 | 2010年5月17日 (月曜日) 13:09

おおおお。サクラちゃんも学習型わんこになったんだ。
「まぁ〜いいか」でいてくれたほうがこちらも安心できるわ。
むしろ飼い主のほうが「大丈夫か?」とビクビクするのをやめられない(笑)
もちろん目や耳の機能が衰えてくるのもあるんだろうけど
「獣医さんに触られても殺されるわけじゃない」って
学習して(あきらめて?)もらえただけでも助かる。
うちの隣のわんこのコタロウ君(12歳)が、ようやく(人を)噛まなくなったって
コタママが喜んでたからターニングポイントなのかな?
でも目の前におやつをぶらさげても起きないで寝てるたみこさんの姿には
「そこだけはガツガツと現役でいてよ~!!」と思う勝手な私です。。。

投稿: 香苗 | 2010年5月17日 (月曜日) 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/48351210

この記事へのトラックバック一覧です: 学習型:

« 実験結果 | トップページ | 公開! »