« 体力強化・・・? | トップページ | 持ち手カバー »

2009年9月13日 (日曜日)

フリーター、家を買う。

フリーター、家を買う。」いっきに読みました。面白かった!!
909130
その場面がすぐに脳裏に浮かぶような文章が非常に読みやすかった(^◇^)
フリーターがどうやって家買うねん!?と思いながら読んだけど
とてもいい方向に終わってホッとしたわ。フィクションはこうでなくっちゃね。
主役の青年を私は勝手に漫才師ロザンの菅ちゃんをイメージして読んでました。
あ、ロザンは2人いるけど背の低い可愛いほうが菅ちゃんです♪
マンガ化するとしたら「島 耕作」シリーズで有名な弘兼 憲史さんを推します。
途中から出てくる作業現場の監督希望のたくましくキュートな女性を
きっとリアルに描いてくれるでしょう。


作者の有川 浩さんというのは今まで名前しか知らず・・・
アニメで観た「図書館戦争」の原作者であることは知っていたけど
この方の文章を読んだのは初めてです。
909131
↑「やり甲斐とか、本当にやりたい仕事とか、言ってる場合じゃないし!」
ああ。いいわねこのフレーズ。実際、世の中そうだしね・・・。

あとがきによるとこれはweb連載したお話を本にまとめたものだとか・・・・
そうか・・・世間では小説はもうネットで読む時代に突入してるんですか・・・
当たり前だけど文章も原稿用紙じゃなくてパソコンで打ち込むのね
書き損じてくしゃくしゃ丸めてゴミ箱にポイしたりしないのね
捨てるとしたらパソコンの中のゴミ箱か・・・

私なんか絶対PC上でまとまった文章なんか読む気になれないな・・・・
改行がたくさんあって読みやすくてイラストや写真がふんだんにあって
それでも続けて読むのはちょっときつい。前の文章忘れちゃう。
でも今やケータイで小説を読む書く時代。ぶっちゃけて言いますが・・・・
ケータイで小説読んで感動する奴の気が知れません。アホちゃうかと思ってます。
紙で読みたい。きれいな活字で読みたい。タテ書きの文を読みたい。
句読点、改行、送り仮名ふり仮名、行間、左右見開きのバランス
これらすべてが削ぎ落とされた文字の羅列には全く感情移入できない・・・・なんて
ケータイ持たないメール打てない読めない年寄りアナログ人間のたわごとですが
ポンと押すだけですべてが消えちゃう世界にはのめりこめないなあ・・・。

|

« 体力強化・・・? | トップページ | 持ち手カバー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/46204841

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター、家を買う。:

» 【フリーター、家を買う。】 有川浩 著 [じゅずじの旦那]
「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶――  商社勤務「経理の鬼」の父が原因で、重度の鬱病に罹った母。入社三カ月で会社が嫌になって退社しブラブラしていた25歳の俺が、名古屋の病院に嫁いだ姉にどつかれて、ある日、ふと目覚めた。もしかして、俺カッコ悪すぎ??そこからへなちょこ若者の成長が始まる。崩壊し... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木曜日) 18:19

« 体力強化・・・? | トップページ | 持ち手カバー »