« 「ガラスの仮面キャバ」(中) | トップページ | 今日も冷えます »

2009年1月14日 (水曜日)

「ガラスの仮面キャバ」(後)

お正月スペシャルドラマ「ガラスの仮面キャバ」ようやく完結!
(もうすでにお正月は終わっている。。。。)


タミ「やっぱりあなただったのね・・・紫のバラの人・・・・。」
ベル「えっ!?」
901131
「この前もらった花束のカードの中に鼻毛が1本落ちていたの。
つやつやと輝くきれいなキューティクルの毛だったわ。
私、あれを見てこの人はきっといいお育ちの男性に違いないと思ったの。
まさかそれがあなただとはそのとき思わなかったけど。
私が1回嗅いだ匂いは絶対忘れないって知ってるでしょ?
今日、王子の鼻を拭いたハンカチの匂いでようやく気づいたの。
まさかあなただったなんて・・・・・。」


タミはもともとベルが入団したときから彼に好意を持っていた。
しかしいつまでたってもよそよそしく心を開いてくれないベルの気を引こうと
紫のバラの男性に夢中のふりをし続けてきたのである。
さすがに北島タミのほうが役者が数段上であった。
901141
タミ「女はいつもガラスの仮面をつけて自分を演じる生まれながらの女優なのよ。」


ひそかにベル王子をねらっていたライバルの姫川シュガーは悔しさに唇を噛んだ。
彼女もまたタミの芝居にすっかりだまされたいたのである。
901142
シュガー「タミ・・・恐ろしい子・・・こうなったら紅天井の役は絶対に渡さない!」


ベルと結婚し出産を経験したタミはブクブクと太っていった。
可憐なヒロイン役を卒業したタミは脇役・お笑い・汚れ役・悪役など
何でもこなすようになりどんどん芸の幅を広げていった。
中でもベル王子の鼻毛にヒントを得た天才タミゴンのパパ役は彼女の当り役となり
特に関西では人気が高く客席は常に満席だった。
901134_2
タミ「ゴンゴン タミゴン タミゴンゴン♪」


複雑な心境のベル王子。
901133_2
彼は(鼻毛に気をつけながら)終生2枚目の役を演じてゆくことを決めたという。

めでたしめでたし。

|

« 「ガラスの仮面キャバ」(中) | トップページ | 今日も冷えます »

ペット」カテゴリの記事

コメント

タミちゃんと相思相愛だったんだ
しかし、カードの中の鼻毛をみて
育ちのいい男性=ベルだとはね~(笑)
過保護ではあるが育ちが良いかは疑問だけどね・・・
ベルとシュガーちゃんとの恋愛期間はなかったのね残念だな~
すんなり結婚して、ベルは二枚目役を演じていくのか~疲れそう
奥さんは天才タミゴンでしょ
ベルもお笑い系がピッタリだったりするんですけど~

とても楽しませてもらいました。有難う

紫のバラの人をベルにしてくれたのって今年の年賀状から思いついてくれたのかと勝手に思ってました。
今年の写真のバックの花は紫のバラだったんだも~ん。それが鼻毛だとは、私ってどこまで親バカなんでしょ~

投稿: ベルママ | 2009年1月15日 (木曜日) 20:29

えっ。あの紫の花ってバラだったの!?
あんまりバラっぽく見えなくて「きれいなクレマチスだなあ」と思ってた(恥)
そうと知っていれば鼻毛路線には行かなかった・・・てこともないけど。
まあ普通、紫のバラから鼻毛にストーリーは飛ばないよね(^◇^;)
何でこういう展開になったかはまたブログにUPします。

シュガーちゃん可愛いよね♪
残念ながら画像が1枚しかなくて話にからめることができなかったの。
ベル王子、いつもきれいにお手入れされていてお坊ちゃま的イメージなんだけど
実はお笑い系キャバだったの~~!?
ふたりしてお笑い役者になったら夫婦漫才になっちゃうよん。
あ、それから北島タミがベル王子の鼻毛で「もしや?」と気づいたのは
「実はこれまでにも何度か鼻毛が出てたいた」という裏設定が(爆)

「ガラスの仮面キャバ」は後でまとめてHPの劇場にUPして末永く残します。
え?要らんって?よろしければ印刷して送りますけど(笑)

投稿: 香苗 | 2009年1月17日 (土曜日) 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/43741038

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラスの仮面キャバ」(後):

« 「ガラスの仮面キャバ」(中) | トップページ | 今日も冷えます »