« クリスマス会 | トップページ | 冷えるー! »

2008年12月 6日 (土曜日)

「つぶらな瞳」

人間いくつになってもエエ年こいても知らないことはあるもので・・・・
「つぶらな瞳」という表現がありますよね。
私これをずーっと「小さな瞳」のことだと思っていました。
だから赤ちゃん・幼児・小動物・小犬のちっちゃくて愛らしい目のことを言うんんだと。

でも先日「キャバリアの大きくてつぶらな瞳」と本に書かれてあるのを見て
「えっ!?」「キャバリアのでっかい目がつぶらな瞳だって!?」
キャバリアの目玉というのはそれはそれは大きくて大型犬のそれよりずっとデカイ。
小犬時代ならともかくタミーのこの大目玉がつぶらだなんて・・・・

あれ?もしかして私間違ってたの!?
恐る恐る国語辞書を引いてみました。
「つぶらな」・・・丸くてふっくらしていること。
えーーーーーっ!?丸い?大きさは関係ないの!?812060
はあああ。このトシまで知らなかったよ。んじゃタミーの目玉はめでたく認定!!


長年愛用している辞書でございます。表紙の字も消えかけています。
電子辞書よりネットより、調べるときはやっぱりこれだね~♪
812061


しかし古い・・・。買ったのが1979年8月です(←メモしてあった)
812062
古い辞書だから中身も古いよ~。死語がどんどん出てきて面白い~!
「お茶の子さいさい」とか今どき言わない!
まだロシアになってなくて「ソビエト連邦」だしまだ大統領制じゃない。
ドイツはまだベルリンの壁が破られてなくて東西に分かれてる!
おもろいけどさすがに買い替えたほうがいいでしょうか。
新しい言葉が載ってません・・・・coldsweats01

|

« クリスマス会 | トップページ | 冷えるー! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/43340137

この記事へのトラックバック一覧です: 「つぶらな瞳」:

« クリスマス会 | トップページ | 冷えるー! »