« いやあああ!!! | トップページ | ついに!! »

2008年8月 6日 (水曜日)

高齢による恒例。

ああ。階段を上ってくるタロ君の足音が静かだ。
カツカツという爪の音もなければヨロヨロしながら歩くこともない。
思えば猫がバリバリと爪を研ぐのは前足だけなのだから
後ろ足の爪の伸びだけチェックしてても何の意味もなかった。
私のバカバカ!!タロ君、長いこと苦しめてゴメンね。
この償いはいつか必ず!(昨日は私の晩ご飯のアジを半分譲りました。)

さてここで問題です。私が2階の寝室以外の場所で寝ようとすると
タロ君が必ずやってしまうことがあります。それは何でしょう?

↓答えは見ての通り。充分に注意を払っていたのに数秒の隙をつかれました。
808060

「うああ~!!!」という雄叫びの後、水分の多いうんPを産み落とされました。
(一応自主規制でモザイクをかけました。色も変えたほうがよかったかな?)
808061
はああああ。やられてしまったわ。でも今の私は強い態度に出られません。
ひょっとしてこれは私に対するタロ君の怒りの表現かしらとまで思ってしまう・・・
ええ、そりゃもううんちぐらい全然かまいません、文句などあるものですか!
どうぞどうぞ、遠慮なく出すべきものはお出し下さい、タロウ様ヽ(^。^)ノ

こんなことになるから私も蒸し風呂のような寝室で我慢して寝てしまうのです。
うーん。何故かなあ。他の部屋に布団を敷いても掛け布団を掛けても
それが気に入らないのかタロ君にはトイレに見えるのか(?)
うんちをしたりなみなみとオシッコをかけたりされてしまいます。
このロング座布団も、使用しないときはたたんで壁に立てかけておかねばなりません。
それと、夜に私が2階に上がるとタロ君も一緒に上がってきてドライフードを食べます。
私が2階で寝ないと2階に上がらないのでドライフードは手つかず。
抱っこしてご飯の前まで連れて行っても食べない・・・・何故?
「私がいつもの寝室で寝る」という条件付きで食事をとるタロ君・・・意味がわからない。

昼間の猫缶は水分を取らせるだけのもので、夜の療法食(ドライ)がメインなのにー!!
1階にフードを置くとタミーが食べちゃうしタミーをハウスに入れたらオシッコもらすし。
タロ君も18歳の立派なお年より。独自の世界観で生きているので
老いては子に従え、じゃなくて老いた子(猫)に私は従いましょう(^◇^)
てことで話題は8月3日の内容に戻る・・・・?(笑)

|

« いやあああ!!! | トップページ | ついに!! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/42090956

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢による恒例。:

« いやあああ!!! | トップページ | ついに!! »