« 現場検証 | トップページ | ミス・ポター »

2007年10月 2日 (火曜日)

適量

タロ君てさあ・・・・・
ふっくら見えるときと
710020


ペシャンコにやせて見えるときの差が激しいんだよね・・・・。
710021
角度によっては同一猫にみえないほど違って見えます。
このときは毛づくろいをして毛がペチャンコになっていたので驚くほど痩せてる・・・。
本当の体型は・・・・やっぱり痩せてます(-_-;)


タミーはどっから見ても安定して太ってるよね。
710022
タミー「ふふっ♪その言葉、そっくりママにお返しするわ~(^◇^)」


昨日はタロ君の血液検査の日でした。
薬の量を増やすと病気には効くけど副作用で白血球の数値が下がり抵抗力が落ちる
薬の量を減らすと白血球の数値は正常値に戻るけど病気自体が改善しない
それで今後は薬の量をどうしたものか、先生もお悩み中の様子。
明日は担当医と院長とで協議が行われるそうです。
何しろ初めての甲状腺機能亢進症の患者(猫)らしいから判断が難しい・・・。
今ごろ病院では「先達はあらまほしきことなり」なんて言ってるかも知れません。

現在はメルカゾールというホルモン剤を1日に1/3錠飲ませているのですが
これを1/2錠に増やすと副作用が不安・・・てことで
折衷案として錠剤を5/12分割して飲ませる、なんて数値になるのでしょうか?
って、どうやって分割するのだ?(笑)
あ、そういえば「白血球の数値を上げる薬を使うことも考えている」って言ってたけど
これにもやっぱり副作用はあるのでしょうねえ。
薬の適量って難しいですね・・・・。

|

« 現場検証 | トップページ | ミス・ポター »

ペット」カテゴリの記事

コメント

難しいね~~~でもそれだけ考えて治療できる
病院があるというだけいいよね

愛知にはなかなかいい病院がなくて...
それだけ考えてくれてるならいい方法見つかりよね(^^)ニコ

投稿: うめ | 2007年10月 4日 (木曜日) 17:23

この病気の治療経験のある他の先生のアドバイスももらってるらしいよ。
できそうでなかなかできないことだと思う。
飼い主としてはわからないことはわからないと
はっきり言ってもらったほうがいいし
知ったかぶりして変にいじくられるのが一番怖いもんね!
うめちゃんの近くにもっと信頼できる病院があったらいいのにね・・・
勝手に変な病名つけられたり薬飲まされたりは恐ろし過ぎる(-_-;)
クーちゃん、病気せずに元気でいてね!!!

投稿: 香苗 | 2007年10月 4日 (木曜日) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/16643281

この記事へのトラックバック一覧です: 適量:

» 甲状腺疾患ナビ [甲状腺疾患ナビ]
甲状腺の病気に関するサイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金曜日) 12:04

« 現場検証 | トップページ | ミス・ポター »