« シーズン終了 | トップページ | 体重測定 »

2006年10月15日 (日曜日)

今日の1冊

今日はこんな本を買いました。
坂本徹也 著「よい獣医さんはどこにいる」
先日買った本「ペットフードで健康になる」を書いた方です。
休まずいっきに全部読み終えました。
とても面白かったから・・・でなはく、読むのがとても辛い内容で
いっきに読み終えないと再び目を通すのが苦しくなりそうなので・・・。
61015
本当に、いい獣医さんはどこにるんでしょう・・・
読んでいて暗たんたる気持ちになりますが嘆いてばかりもいられないので
この日記を読んでいる方にワンポイントアドバイスを。

「とんでもない病名を告げられても
自分で見てそんなに具合が悪そうじゃなかったら一度家に連れ帰り
ゆっくり考えるか他の獣医師のセカンドオピニオンを取る」

うーんうーん。これはかなり難しいわ。
病名を聞いただけでパニック起こしてまともな精神状態じゃいられないもの!
「とにかく何とかして下さい!!」と下駄をあずけそうになるわ。
繰り返し書かれていましたがペットの病気は飼い主なしでは絶対に治せない
だから飼い主の気持ちを落ち着かせ納得させられる獣医こそが本当の名医。
なので「人と話すのが苦手」「うまく伝えられない」医者はNGということです。
でもつい「設備が充実していて料金が安くて技術が優れてる人」を
こちらは望んでしまうんだけどねえ・・・(^_^;)

動物は本来すばらしい自然治癒能力を持っている
なのに人間の医療と同じ感覚でついやりすぎて治癒の邪魔をしてしまう。
飼い主が平常心で安定した状態で接することが治癒力を高める
本当に治すのは飼い主であり獣医はその介助をするだけだ・・・
なかなか深ーいお話です。耳が痛いけど・・・。
冒頭部分は医療過誤の話があって読むのが辛いけれど
動物の飼い主さんには一度目を通しておいて欲しい本でした。
飼い主もしっかりしなくちゃね・・・・(ため息)。

|

« シーズン終了 | トップページ | 体重測定 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
まさにこれだよね...って私もの本持ってる_(^^;)ツ アハハ
真剣に実感してて、今だ近くで病院を見つけられずにいるもん
でもほんとにこのとんでもない病名告げられて
パニックになって一年半も誤診されてとんでもないこと
されてたもんね_(^^;)ツ アハハ

最近のチャッピィの喉の腫れも日に日に小さくなってて
チャッピィのめちゃめちゃ元気で(≧∇≦)ブハハハ!
わが子のことになるとほんと冷静な判断できないから
だめよね~~~_(^^;)ツ アハハ

投稿: うめ | 2006年10月16日 (月曜日) 08:31

あー。うめちゃんもこれ読んだんだ!!
けっこう辛い内容で泣きそうになったわ。。。
私も絶対に冷静になれないよ!
あわてて騒いで泣いて「お願いだから今すぐ何とかしてえ~!!」の
典型的ダメ飼い主ですわ。ポリポリ・・・(^_^;)
チャッピィちゃんの喉の腫れ、小さくなってきたんだ!よかったね!!
それにしてもこんな肝心なときに先生、留守にしてちゃダメじゃん(笑)
で、今度は私が・・・・
季節の変わり目のせいか、どことな~くタミーの様子がいつもと違うような・・・
ご飯も食べて散歩もしてるけど食欲がビミョーに落ちてるし。
夏が終わると今度は足がつったり震えがきたりの痙攣の発作が心配で
ちょっと暗~い心境になってます。本当にダメ飼い主だねえ。
私が普通にしてなきゃいけないと頭じゃわかっているんだけど難しいね~!!


投稿: 香苗 | 2006年10月16日 (月曜日) 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/12299106

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の1冊:

« シーズン終了 | トップページ | 体重測定 »