« 乾燥 | トップページ | 「愛と詩を見つめて」(3) »

2006年7月23日 (日曜日)

「愛と詩を見つめて」(2)

「マコ、手紙と写真ありがとう。
写真、あんまりおかしくて笑いすぎて、こっそり読んでたのにバレちゃったわ。
マコは根が真面目だから、こんなことにも一生懸命なのね。
私も夏祭りに行ってマコのカッパ芸を見てみたいなあ・・・。

ところで今日は報告があります。
実はこのところ右目の上にはれものができて目が開けられないの。
薬を使ってもなかなか小さくならなくて、それで昨日先生とお話をして
思い切って完治に賭けて手術をしてみないかと言われたの。
でもメスを入れるのは不安だしあれこれ考えてすごーく悩んだんだけど・・・
思い切って手術してもらうことに決めました。

だってマコのあの写真を見ていたら、細かいこと悩むのがバカバカしくなって
早くここから出て自分の時間を自分で好きなことに使いたくなったの。

手術はあさってです。
マコ、無理してこっちに来なくていいからね。学校だってあるんだから。
どうせ来てもらっても私はマコの顔を見ることもできないわ。
手紙も書けなくなっちゃうけど心配しないでね。
それじゃ元気で。夏祭り頑張って。

タミコより。」
60723

東京にいるマコトはタミコからの手紙を何度も何度も読み返した。
「大変だ。キュウリくわえてる場合じゃないぞ!!」
607231

「来なくていいって書いてあるけど・・・
僕にはタミコが来て欲しいって言ってるような気がする・・・・
本当は来週に大阪に行く予定だったけど、やっぱり会いに行こう!!」

マコトは汽車に飛び乗り、大阪へと向かった。
まだ東海道新幹線が開通していない時代である。
何時間もの道のりを汽車に揺られながら、マコトは祈るような気持ちでいた。

続く。 おおっ。シリアスっぽくなってきたわ(笑)


注:この物語はフィクションであり、「愛と死をみつめて」とは全く関係ありません。


|

« 乾燥 | トップページ | 「愛と詩を見つめて」(3) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

あはは、そりゃキュウリくわえてる場合じゃないわ(笑

あのね、今更ですが、タミチョンの本名は「タミー」ちゃん???
「民子」は当て字???
「タミコ」もあだ名???
なんとなく気になっちゃって…。

ちなみに、ウチのお嬢さんは「たえ子」です。「子」だけが漢字なの。別にこだわりはないけど、そうなのよねぇ。
で、黒ちゃんはひらがなで「こたま」。たまたまウチの子になったから、始めは「たま子」だったけど、カワイイ名前で似合わなかったので「こたま」に変更なんざます。

投稿: ネコ | 2006年7月24日 (月曜日) 12:15

そうよそうよ、ルンパッパッ♪って踊ってる場合でもないのよ!!

ええと実はTAMMY(タミー)ですの。
でも呼びやすいから「たみちゃん」になって日本名(?)は民子に決定。
ニックネームは他にもタミゴン、たみちょん、タミコ、たみこっちー
その他、女優の役名としてタミュンだのタミゴーンだのタミー・ポッターだの。

ええっ。たえちゃんは「妙子」じゃなかったの!?
たまたまで「たま子」だなんてひどいっ(^_^;)
あたしゃ「たま子」をひっくり返して「こたま」になったと思ってたわ。
聞いてみるもんだねぇ~(笑)

ついでに言うとタロ君は「一太郎」です。誰も呼んでないけど。
「いっちゃん」「タロポン」「タロベエ」とも言うのよ~ん(●^o^●)

投稿: 香苗 | 2006年7月24日 (月曜日) 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/11072100

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛と詩を見つめて」(2):

« 乾燥 | トップページ | 「愛と詩を見つめて」(3) »