« パピはんこ | トップページ | 眠いわ。 »

2006年6月11日 (日曜日)

野菊の墓2

幾多の試練を乗り越えようやく結ばれるかと思われた健太と民子。
しかし強力なライバルが出現したことから物語は思わぬ展開に。
(「野菊の墓」は5月30日の日記を見てね。)

突如現れた健太の幼なじみの妙子(たえこ)
60611
妙子「健太さんは私のものよ。
   彼と私はね、うんと小さい頃からずっと一緒で兄妹のように育ったのよ。
   今さらあんたが入り込む隙なんてないのよ!!」

民子「ええっ・・・・!?」民子の顔色が変わった。


妙子「遠慮のない間柄だからこんなふうに平気でオナラもできちゃうのよ。
   どう?あなたにマネができて?」
606111

民子「そ、それじゃ親分の元で杯を交わしたのね!?」

妙子「そうそう、固い契りの義兄弟・・・て誰がやねん!!」

民子「あたしだって健太さんと離れるのはもう嫌よっ。
    それに、決めるのは健太さん自身だわ。」

妙子「それじゃあ彼に決めてもらいましょう。
   小細工なしで正々堂々と勝負するのよ、いいわね?
   あたしにいい考えがあるの。ふふっ♪今にギャフンと言わせてやるわ!!」

妙子は計画どおり健太を海に呼び出した。
健太が姿を現したと同時に妙子と民子は逆方向へと走って海に飛び込んだ。
おぼれたふりをする2人のうちどちらを先に助けに行くかで
健太の本心がわかるだろうと妙子は提案したのである。
中央には審判員の白鳥を雇った(笑)

妙子「助けてえ~~健太さ~ん~!!!」

民子「健太さーん、助けてっ。溺れるぅー!!(ブクブクブク.。o○)」

健太「あーーーっ!!!民子さん、妙子ー!!!」
606112
健太「大変だっ。どうしよう、どうしよう、どうしよう~!?
   ああああぁぁぁ~~!!!
   うっ・・・!!!!」
緊張するとお腹が痛くなる健太はパニックのあまりお腹が急変した。

健太「うわぁぁぁぁ~~もうダメだあ~~!!!!」

健太は溺れる民子と妙子に背を向けて海の家のトイレへと走り去り
そのままいつまで経っても戻らなかった。

「ええ~!?」「うっそぉ~!!」「そんなあ~!!」
本当は泳ぎが得意な2人はあきらめて陸にあがり
顔を見合わせて同時に「ギャッフン!!!」と叫んだ。

民子「妙子さん、あなたの勝ちよ。私は潔く身をひくわ。」
606113

妙子「いいえ違うわ、あなたの勝ちよ。健太さんはあなたにあげるわ。」
606114

「あなたに譲るって!!」「あげるって!!」「要らないってば!!」
健太のあまりのへたれっぷりにあきれた2人は今度は健太の譲り合いを始めた。

そんなことにも気づかない健太は・・・
激しく込み合う海の家のトイレの前で顔面蒼白になりながら順番待ちをしていた。
606115
果たして健太のお腹と恋の行方は・・・・?

つづく。(頑張れ健太、あと2人で君の番だ!!)

|

« パピはんこ | トップページ | 眠いわ。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ねえねえ~、話を考えてから画像を捜すの?
それとも画像を見てから話を考えるの?
どちらにしてもやっぱりおねいちゃんは天才だわ~♪
妙子に民子。。。今っぽくない名前が妙にいいわ!(笑)
次回作、いよいよこたまちゃんの登場か!?
健太くん今度は何を出す!!?>プ~!(爆)

投稿: クーママ | 2006年6月12日 (月曜日) 00:15

このお話はストーリーが先で、それに都合のいい画像をチョイスしたの。
ウンよく池を見つめる健太君の画像があってラッキー♪♪
(海に白鳥がいるのか、とか、妙子ちゃんの写真にダックスが写ってるのは気にしない!)
都合のいい画像が見つからない場合は話を強引にねじ曲げる(笑)
それにしても、自分で書いてて言うのも何だけど最後の健太君の画像ひどすぎ(爆)
健太坊ちゃまを愛するオットット様からカミソリ届いたらどうしましょ?
最後は健太君を男前にしとかないとまずいかな。。。

妙子も民子も、今どき人間にあまりいないしもちろん犬にもいない・・・
次に節子さんとか清子さんが出てきたら面白いんだけどな。
クッキーちゃんも日本名で焼菓子とかに改名する?(^○^)

投稿: 香苗 | 2006年6月12日 (月曜日) 00:49

もう、爆笑!!!!
御姉様、すごい才能だわ~~~!!!
クーママ姉さんの質問、私も思ってたのよ。
なるほどストーリーが先で、画像が後なのね?
これまた上手に画像もチョイスされてるわ~。
で、画像の横に書いてる文字の書体がいい感じ(笑)
「負けたわ」なんて「昭和枯れススキ」を匂わせるほど今っぽくないわ~(笑)
「こたま」は一体どんな役かしら?超楽しみです!

投稿: ネコ | 2006年6月12日 (月曜日) 12:37

何か言いたげなたえちゃんの表情がいいのよ~~!!!
顔のアップの横にこの書体で文字を書くと、まるで演歌のジャケットかカラオケの歌詞画面みたいだ(爆)
「昭和枯れススキ」?昭和の演歌歌手たえこちゃん誕生?
一応「野菊の墓」ということでレトロな感じにしてみたの。

こたまちゃんには大人の女性を演じてもらうつもりだけど
それにしてもどこが「野菊の墓」なんだろう。
それに主役は誰なんだ!?
まあいいか、誰も気にしてないだろう・・・???

投稿: 香苗 | 2006年6月12日 (月曜日) 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57423/10483614

この記事へのトラックバック一覧です: 野菊の墓2:

« パピはんこ | トップページ | 眠いわ。 »